Mavic-Air-dji-store

15の挙動をプログラムできるトイドローン『プログラミングテトラル』をシーシーピーが発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

シーシーピー、プログラミングテトラルを飛ばす女性

出典(Source):ラジオコントロール プログラミングテトラル|株式会社シー・シー・ピー、以下同じ

飛び方をプログラミングできる極小ドローン

約8cmの極小ボディながら、気圧センサーと光学センサーを備え、安定飛行が可能。さらに、スマホアプリでアイコンをタップするだけで、飛び方を簡易的にプログラミングできるマイクロ・ドローンが『プログラミングテトラル』です。室内でサクッと遊べて、自動飛行が楽しめる機体をお探しの方は、ぜひ、以下で詳細をチェックしてみてください。


 » プログラミングテトラルの購入はコチラ

写真で見るプログラミングテトラル

セット内容はドローン本体と専用のプロポ(コントローラー)。ボタンに「着陸」「離陸」など、日本語で書かれているのがわかりやすくて良いですね。

シーシーピー、プログラミングテトラル、プロポと本体※iPhoneは別売り

本体は幅約8cm、高さ3cmと極小。トイ・ドローンの中でも「マイクロ・ドローン」と呼ばれるジャンルの製品です。

プログラミングテトラル、本体

アプリからは「離陸・着陸・上昇・下降・ホバリング・前進・後進・左回転・右回転・左スライド・右スライド・宙返り・左旋回・右旋回」のアクションを指定して、ドローンをその通りの飛行させられます。

シーシーピー、プログラミングテトラル、プログラミング可能な挙動

プログラミングテトラル:サイズ、重量など仕様

  • 商品名 :ラジオコントロール プログラミングテトラル
  • 価  格:13,500円(税抜)
  • 発売日 :2018年5月25日
  • サイズ :縦8x横8x高さ3cm
  • 公称重量:本体約26g、コントローラー約79g
  • 飛行時間:最長約3分
  • 有効範囲:見通し約15m(屋内推奨)
  • 対象年齢:8歳以上
  • カメラ :写真/動画 30万画素 ※動画は音声録音不可
  • アプリ :iOS/Android対応

プログラミングテトラル:メーカー公式コメント

 株式会社バンダイ(代表取締役社長:川口勝、本社:東京都台東区)の子会社である株式会社シー・シー・ピー(代表取締役社長:宮嶋雅夫、本社:東京都台東区)は、スマートフォンやタブレットで入力した“プログラミング”通りに自動飛行させることができるカメラ付き超小型トイドローン、ラジオコントロール『プログラミングテトラル』(14,580円・税8%込/13,500円・税抜)を2018年5月25日(金)に発売します。


シー・シー・ピー、カメラ付き超小型トイドローン「ラジオコントロール『プログラミングテトラル』」を発売

編集後記

シーシーピー、プログラミングテトラル、使用イメージ

これまでも「スマホの画面に描いたラインどおりに飛行する」といったことができるトイ・ドローンはありましたが、上昇や下降、宙返りなどのアクションを「プログラミング」できる極小トイ・ドローンはなかなかレア。

PCなどでコードを書いて基板にインストールできる程の本格モデルではありませんが、手軽にドローンを自動で飛行させられるのは魅力です。部屋の中を自動で縦横無尽に飛ばしながら、動画や写真を撮れば、いつもの自宅がちがった風景に見えて楽しそうですね!


 » プログラミングテトラルの購入はコチラ

【新型】Phantom 4 Pro V2.0 をDJIが発売!

DJIが『Phantom 4 Pro V2.0』を発売しました。

新モデル「V2.0」は、ローター(プロペラ)の形状が変更され飛行時のノイズが4デシベルへ低減。

さらに、OcuSyncに対応することで、FPVヘッドセット『DJI Googles』とワイヤレスで接続し最大7km(日本では4km)先からフルHD映像の伝送が可能になるといった進化を遂げています。

▪詳細と購入はコチラから » DJI ストアでPhantom 4 Pro V2.0をチェック


DJI ストアでPhantom 4 Pro V2.0をチェック