• カテゴリ一覧を見る

ジンバルとは?iPhone用からドローンまでオススメ13選!DJI、Zhiyunなどの人気メーカーも紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キレイで見やすい映像を撮るにはブレや揺れを抑えることが必要不可欠。しかしカメラを動かしながらの動画撮影は、映像がガタガタ・グラグラと揺れてしまうことが多く、残念な動画になってしまうこともあります。

そんな悩みを解決してくれるのが「ジンバル」です。

この記事では、ジンバルの基本知識から使い方、おすすめモデルなどをご紹介しました。
ぜひ参考にしてください!

【レビュー】進化した高性能ジンバルカメラDJI Pocket 2を使ってみた!

もくじ

この記事で掲載しているジンバルの一覧

Apple Music

ジンバルとは?

ジンバルは英語で書くと「Gimbal」。これはもともと「1つの軸を中心として物体を回転させる回転台」を意味する単語です。

3軸ジンバルの図

ジンバル|Wikipedia

これが、カメラや映像に関する文脈で使われる場合には「ブレのないスムーズな映像を撮るための回転台付きグリップ」という意味になります。

2018-01-08-dji-osmo2 - 1

Osmo Mobile 2|DJI

このようなジンバルを使うことで、撮影者が動いてもカメラを一定の向きに保ち、揺れや傾きを軽減できます。ジンバルは、スムーズな映像を撮影するために必要なアイテムということです。

ジンバルとスタビライザーの違い

撮影時の揺れを軽減するパーツには、「ジンバル」のほかにも「スタビライザー」と呼ばれるものもあります。それぞれの違いを簡単に説明すると下記の通りです。

  • スタビライザー モーター付きジンバルや重り付きのグリップなど、カメラを安定(スタビライズ)させる物全般
  • ジンバル スタビライザーの中でも、特にモーターを搭載した電動のものが対象

実はスタビライザーにはいくつか種類があります。

一つはカメラと同じ重量のカウンター・ウェイト(重り)を付けて揺れを軽減するタイプ。もう一つは、モーター付きのタイプです。

前者はジンバルとは異なるものです。
一方で「モーター付きのスタビライザー」と言う場合はジンバルと同じ製品を指します。

2軸ジンバルと3軸ジンバルの違い

ジンバルを搭載した製品のなかには「2軸ジンバル」や「3軸ジンバル」といった表記をしているものもあります。

これらはそれぞれどのような特性を持っているのか説明します。

2軸ジンバルは2方向の揺れを感知します。
ティルト(縦)とロール(回転)の動きを制御することが可能です。

一方、3軸ジンバルは3方向の揺れを感知します。
ティルト(縦)とロール(回転)に加えてパン(横)の動きに対応できるため、2軸ジンバルよりもブレのない映像を撮ることが可能。

ジンバルの呼び方いろいろ

ジンバルについて、言葉の起源からカメラやドローンに使われる文脈での機能性について説明してきました。

安定した映像を撮るのに欠かせないジンバルですが、様々な呼ばれ方をされるのも事実。

ここでは、ジンバルの呼び方一覧をご紹介します。

「いろいろな名前で呼ばれるけど、同じものを指すことがほとんど」と覚えておいていただければ問題ありません。

  • ジンバル:だいたいはこれで通じます
  • 3軸ジンバル:傾きを補正できる軸数を付けて呼ぶことも。まれに2軸もあります
  • ブラシレス・モーター付きジンバル:モーター付きであることを強調する時の呼び方
  • 電動スタビライザー:映像を安定(スタビライズ)させるという意味でこう呼ぶ人も

ジンバルの有り/無しの比較

ジンバルを使った場合と、使わない場合で撮れる映像にどのような差があるのかは以下の映像を見るとよくわかります。下記のリンクをクリックすると「手持ち+iPhoneで撮影した例」と「ジンバル手持ち+iPhoneで撮影した例」が見られますので、ぜひ、チェックしてみてください。

ここまでお読みいただければ、ジンバルがどんな物でどのような機能があるのかはだいたいおわかりいただけたと思います。

そこで「購入するにはどれくらいの予算が要る?」「どんな選択肢があるの?」という方に向けて、「iPhone/スマートフォン用」「デジタル一眼カメラ用」「ジンバル搭載ドローン」にわけておすすめの製品をご紹介していきます。

iPhone/スマートフォン用おすすめジンバル

近年のハイエンドスマートフォンには、センサーシフト式のスタビライザーが搭載されている場合もありますが、ジンバルを装着して撮影した映像の滑らかさは別次元。1万数千〜2万円ほどの投資で見違えるような映像が撮影できるようになるので、コダワリの動画を作りたい人には強くおすすめです。

おすすめジンバル【1】
Zhiyun Smooth 4

ミニ三脚が標準で付属するので「置いての撮影」に便利。専用アプリと連動する「ズーム/フォーカスリング」搭載で、ジンバルに取り付けたスマホを触らず、ダイヤルで滑らかなコントロールができます。同価格帯のDJI『Osmo mobile 2』は、三脚やフォーカスリングは付属しないのでその分、『Smooth 4』の方がお買い得。スマホ用なら、これを買えば間違いないという1台。

Zhiyun Smooth 4 の概要とスペック

  • メーカー名:Zhiyun(ジーウン)
  • 製品名:Smooth 4
  • 公称重量:547g
  • バッテリー駆動時間:12時間
  • 対応端末:iPhone SE/8s/8s Plus/X/XS/XS Max、Pixel 3/XLなど(210g以下のスマートフォンiPhoneほぼすべて)

Zhiyun Smooth 4公式紹介動画

おすすめジンバル【2】
DJI OM 4

民生用ドローンで世界最大のマーケットシェアを持つDJIが、ドローン用ジンバルの開発で培った技術で開発されたジンバル。手頃な値段でハイパーラプスやモーショントラッキングなどの撮影を可能にした「全部入り」の最強モデルです。マグネット着脱式デザインなのでスマホへの装着も楽々。

DJI OM 4の概要とスペック

  • メーカー名:DJI
  • 製品名:OM 4
  • 公称重量:390g
  • バッテリー駆動時間:15時間
  • 対応端末:対応端末はこちらでチェック

▼おすすめ記事

DJI OM4、本当にブレない??進化した高性能スマホ用ジンバル使ってみた!【レビュー】

おすすめジンバル【3】
iSteady Mobile Plus

コストパフォーマンスの高いジンバルをお探しの方や、今までジンバルを試したことがない方におすすめの商品です。

10,000円以下のお手頃価格にも関わらず、プロ仕様の3軸ハンドヘルドジンバルスタビライザーを搭載。ほとんどの機種のスマートフォンで映画のようなクオリティの映像を撮ることができます。

Hohem Gimbalアプリを使うことでスポーツモード、インセプションモード、パンフォローモードなど様々な仕様の映像撮りが可能なのも嬉しいポイントです。

 

iSteady Mobile Plusの概要とスペック

  • メーカー名:‎hohem
  • 製品名:iSteady Mobile Plus
  • 公称重量:280g
  • バッテリー駆動時間:12時間
  • 対応端末:対応端末はこちらでチェック

デジタル一眼カメラ用おすすめジンバル

スマートフォンよりさらに大きいセンサーを搭載し、大口径のレンズを装着したデジタル一眼カメラとスタビライザーの相性は抜群。「ハリウッドレベル」とまで言うと少し言い過ぎかもしれませんが、人目を奪うような映像が撮影できますよ。

おすすめジンバル【4】
DJI RS 2

昨年発売されたDJIの最新ジンバルDJI RS 2。基礎構造部分にカーボンファイバーを使用し、耐久性は維持したままに1.3kgまで本体を軽量化することに成功。片手持ちジンバルながら、積載量が4.5kgまで対応できるため、より重量のあるカメラとレンズのセットアップを使用して撮影でき、バッテリー駆動時間も最大12時間を実現しています。

DJI RS 2の概要とスペック

  • メーカー名:DJI
  • 製品名:RS 2
  • 公称重量:1,000g
  • バッテリー駆動時間:12時間
  • 対応カメラ:Sony α7シリーズ、Canon Eos Rシリーズ、Nikon Zシリーズ、Panasonic GH5シリーズ、など 互換カメラの詳細はコチラ

DJI RS 2の公式動画

▼おすすめ記事

DJI RS2の魅力とは?DJI Ronin-SやRSC2との違いを徹底比較!

おすすめジンバル【5】
DJI RSC 2

DJI RSC2は重量1.2kgで、オリジナルモデルRonin-Sよりも約35%軽量化され、折りたたんだ状態の設置面積はA5用紙と同等のサイズの180×190mmまでコンパクトになりました。内蔵バッテリーは14時間の駆動時間を誇り、緊急事にはバッテリー内蔵ハンドルにて急速充電するが可能に。

積載量が増加したことによって主要なミラーレスカメラに対応することができ、より重量のある組み合わせも搭載可能になりました。

DJI RSC 2の概要とスペック

  • メーカー名:DJI
  • 製品名:RSC 2
  • 公称重量:1,200g
  • バッテリー駆動時間:14時間
  • 対応カメラ:Sony α7シリーズ、Canon Eos Rシリーズ、Nikon Zシリーズ、Panasonic GH5シリーズ、など 互換カメラの詳細はコチラ

DJI RSC 2の公式動画

おすすめジンバル【6】
Zhiyun Crane 2

ピントやズームを操作できるフォロー・フォーカスが標準で付属。スマートフォンをカメラの上に装着すると、動体トラッキング機能が使用できる点もユニーク。最大3.2kgまでのミラーレスカメラなどを搭載可能

Crane 2の概要とスペック

  • メーカー名:Zhiyun(ジーウン)
  • 製品名:Crane 3
  • 公称重量:1,250g
  • バッテリー駆動時間:18時間
  • 対応カメラ:Sony α7シリーズ、Canon Eos Rシリーズ、Nikon Zシリーズ、Panasonic GH5シリーズ、など

Zhiyun Crane 2の公式動画

おすすめジンバル【7】
SNOPPA Kylin-M

搭載できるカメラの重量は最大1.8kgで、その分本体もコンパクト。軽めのレンズを装着したミラーレスカメラの組み合わせて使用するのにおすすめの、機動力のあるジンバル。

 

SNOPPA Kylin-Mの概要とスペック

  • メーカー名:SNOPPA
  • 製品名:Kylin-M
  • 公称重量:980g
  • バッテリー駆動時間:12時間
  • 対応端末:Sony α7シリーズ、Canon Mシリーズ、Panasonic GH5シリーズ、など

MOZA AirCrossの公式動画

おすすめジンバル【8】
DJI Ronin S

最大3.6kgまでのカメラを搭載できる「重量級」のジンバル。カメラの背面ディスプレイにアームが干渉しない構造や、ジョイスティックによる操作、360°回転など、映像クリエイターの高い要望に応えるプロ仕様の製品。

DJI Ronin-Sの概要とスペック

  • メーカー名:DJI
  • 製品名:Ronin S
  • 公称重量:1,500g
  • バッテリー駆動時間:12時間
  • 対応端末:Sony α7シリーズ、Canon 5Dシリーズ、Nikon D800シリーズ、Panasonic GH5シリーズ、など

DJI Ronin Sの公式動画

 

おすすめジンバル【9】
Snoppa M1

3つの軸を稼働させジンバルにできるだけでなく、軸を固定してセルフィーグリップとしても使用できるユニークな1台。

Snoppa M1 の概要とスペック

  • メーカー名:Snoppa
  • 製品名:M1
  • 公称重量:450g
  • バッテリー駆動時間:4時間
  • 対応端末:幅が58-85mmのスマートフォン
  • 参考価格:17,980円 ※記事作成時点

Snoppa M1のレビュー動画

 

ジンバル搭載ドローンのおすすめ

空を飛ぶドローンは必ず風やモーターの振動による影響を受けます。そこでその揺れを極力抑えるために発展したのがジンバルの技術。滑らかな空撮映像の撮影ができるおすすめドローンをご紹介します。

おすすめジンバル搭載ドローン【10】
DJI Mini 2

小型ながら3軸のメカニカルジンバルを備えているため、ある程度の風や揺れは吸収できます。4K/30fps動画が撮影でき、ドローン初心者におすすめのモデルです。

DJI Mini 2の概要とスペック

  • 公称重量:約199グラム
  • カメラ性能:1200万画素(1/2.3インチCMOSセンサー搭載)、MP4:3840×2160(30p)、JPEG:4000×2250

DJI Mini 2の公式紹介動画

おすすめジンバル搭載ドローン【11】
DJI Air 2S

3軸ジンバルを備え5.4K撮影にも対応する折りたたみ型のドローンです。伝送機能が格段に成長しているため、遅延などなくスムーズな空撮が可能です。

DJI Air 2Sの概要とスペック

  • 公称重量:約595グラム
  • カメラ性能:5.4K/30fpsおよび4K/60fpsの動画を最大ビットレート150Mbpsで撮影が可能。

DJI Air 2Sの公式紹介

DJI Air 2Sの決め手は伝送機能?!高性能ドローンを詳細レビュー!

 

おすすめジンバル搭載ドローン【12】
DJI Mavic 3

Mavic 3はレンズを2つ搭載したデュアルカメラシステムを採用。メインカメラのセンサーは4/3インチと大型化に成功し、5.1K/50pの高解像度を実現。

DJI Mavic 3の概要とスペック

  • 公称重量:約895グラム
  • カメラ性能:5.1K/50fpsおよび4K/60fpsに対応

DJI Mavic 3の公式紹介

最高傑作!?DJI Mavic3シリーズが発表

Apple Music

ジンバルを搭載したカメラのおすすめ

スマートフォンや一眼カメラを搭載するジンバルもいいですが、より身軽な状態で安定した高画質映像を撮りたいという方はこちらの商品もおすすめです。

DJI Pocket 2

DJI Pocket 2には3軸ジンバルが搭載されており、高精度でブレを補正してくれます。テレビ番組の撮影からYouTubeのvlogまで幅広い用途で活用可能です。
またFacebookやYouTubeで直接ライブ配信を行うこともできます

従来モデルと大きく変わったのはズーム機能が搭載されたこと
64MP写真モードで8倍までズームできます。鮮明な状態を映し出すことができるので画角にこだわりのある方も、満足のいく映像や写真が撮れるはずです。

DJI Poket 2の概要とスペック

  • 公称重量117g
  • カメラ性能:1/1.7インチCMOSセンサー、4K60FPS100Mbps

DJI Pocket 2の公式紹介

この記事で紹介したジンバル一覧

Apple Music

編集後記

ジンバルはガタつきや揺れの少ないスムーズな映像が撮影するために重要なパーツです。
しかしそれだけではありません。

ジンバルの本領が発揮されるのは、120fpsなどのハイフレームレートで撮影し、スピードランピングや早回しのエフェクトを加えたとき。

手間も工夫も要りますが、バチッと決まればSF映画のようなスタイリッシュな映像が撮影可能です。

以下の動画は『iPhone XS』と『Zhiyun Smooth 4』のみで撮影した動画です。

しかし、スローモーションやスピードランピングと組み合わせることで、インパクトのある映像に仕上がっています。

【補足情報】
» 記載のリンクから製品等を購入された場合、売上の一部が当社に還元される場合があります。
» 『ビバ!ドローン』編集部および、ライターはZhiyun、DJI、SNAPPA等から製品提供や貸出を受けています。

 

 





2022.08.13


Osmo Actionと注目の撮影機材&ドローン


注目&おすすめの製品