アプリDL者だけが注文できる!新感覚カフェ『Bandit』が誕生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

<人気記事リスト>

アメリカ・ニューヨークに、モバイルアプリから注文・支払いを完結させられるカフェ『Bandit』がオープンしました!

近年、多くの飲食店において、ネットや電話で事前に注文し、待ち時間なく店頭で商品を受け取れるサービスが展開されていますよね。しかし、『Bandit』は、そうした従来のサービスとは大きく異なっているんです。

待ち時間のストレス削減!サッと頼んでパッと受け取り!

たとえば、始業前のひとときや、勤務中のコーヒーブレイク。ふとコーヒーが飲みたくなるとき、必ずしもゆっくりと時間がとれるとは限りませんよね。できることならテラス席に座り、景色を眺めながらコーヒーを楽しみたいものですが、忙しい社会人はなかなかそうはいかないというのが実情でしょう。

行列に並んでコーヒーをオーダーし、コーヒーを受け取るためにさらに待ち時間を費やす……その時間をもったいないと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

そんなとき、『Bandit』なら、あなたの時間を無駄にせずストレスを回避できるかもしれません。

先に紹介したとおり、『Bandit』はモバイルアプリから注文・支払いができるカフェ。逆の言い方をすれば、アプリをダウンロードしていない方は、注文ができないのです。だから、『Bandit』のスタッフはコーヒーをつくり、提供することに専念できて、私たちは注文したコーヒーをスピーディーに受け取ることができる仕組みになっています。

一般的なカフェと違ってオーダーのための列がなく、スタッフは注文を訊き返したり、追加のサービスをおすすめしたり、といったオペレーションが発生しません。金銭の受け渡しもないので、時間をかけてお釣りを確認したり、金額を間違えてしまったりといったこともありません。

さらに、『Bandit』では、コーヒーだけでなくクロワッサンやワッフルなども提供しているため、待ち時間によるストレスを感じることなく颯爽と軽食を調達することもできるのです。

アプリから注文・支払いができるシステムは、スターバックスなどの大手飲食チェーンでも採用されています。しかし、その多くが店頭での注文・支払いとの併用であり、「アプリをダウンロードした人だけが注文できる」という振り切ったシステムを展開しているカフェはほかに類を見ません。

省スペースでできるから、ロープライスで販売できる!

『Bandit』で提供されるコーヒーの価格帯は、2~4ドル(およそ220円~430円)程度。この価格帯は、スターバックスのアメリカにおけるコーヒーの販売価格と同程度です。

『Bandit』では、一般的なカフェよりも小さなスペースで運営できるとされています。さらに、特殊な施工をする必要もないことから、従来の店舗と比較して10分の1のコストで新たな店舗を立ち上げることが可能なのだそうです。そのため、コーヒーの価格を抑えることができ、おいしいコーヒーを手頃な価格でスピーディーに手に入れることができます。目指すはスターバックスよりも安価な価格帯ということで、店舗拡大に期待が高まります。

一方、日本では、一杯のコーヒーにかかる金額が600~700円程度になることも珍しくありません。先に述べたスターバックスの価格も、アメリカより少し高めに設定されています。しかし、こうしたサービスが日本でも展開されるようになれば、より気軽にコーヒーブレイクを満喫できるようになるでしょう。

編集後記

忙しい現代人の心強い支えともいえるカフェ。休憩したり読書を楽しんだり仕事をしたり、人々がコーヒーを片手に過ごす時間はさまざまです。なかでも、『Bandit』は、「おいしいコーヒーがほしいけれど、待ち時間がもったいない。すぐに手に入れたい」という方にとってぴったりのカフェといえるでしょう。

もちろん、「オフィスや自宅とは切り離された空間で、ゆったりとコーヒーを楽しみたい」「ていねいな接客を受けたい」という方もたくさんいるはずです。時代の流れを敏感にくみ取ることも大事ではありますが、右にならえで画一的なサービスを展開している店舗ばかりにはならないよう、幅広いニーズに応じて多様なカフェが展開されることを願います。

<最新記事>




2019.11.27