Mavic-Air-dji-store

MQ-25:ボーイングが米海軍の空中給油ドローンの製造を約810億円で受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ボーイング、MQ-25、機体上部

出典(Source):Boeing is Ready to Take the MQ-25 to the Flight Deck、以下同じ

810億円の巨額予算でボーイングが
米海軍のMQ-25ドローンの製造を受注

8億ドル(約810億円)の莫大な金額でアメリカ海軍の新型空中給油ドローン『MQ-25』の製造開発契約を受注したとボーイングが発表。製造は米国セントルイスの工場を中心に行なわれる予定とのことです。

MQ-25に関する
ボーイングの発表内容

【原文】Boeing will provide the carrier-based unmanned aerial refuelers to extend the range of deployed fighters.

【意訳】ボーイングは、戦闘機に空中給油を行い行動範囲を拡大するための空母搭載型無人航空機を(アメリカ海軍に)提供します。


U.S. Navy Awards Boeing $805 million MQ-25 Contract

【動画】Boeing is Ready to Take the MQ-25 to the Flight Deck

ボーイングが公式のYouTubeチャンネル公開している動画は以下のとおり。

『MQ-25』はアメリカ海軍史上初の空中給油用ドローン。

ボーイング、MQ-25、海軍と契約

機体のほぼ中央にエアインテーク(吸気口)を持つ特異な形状。

ボーイング、MQ-25、機体前方

『MQ-25』の側面はこんな感じ。

ボーイング、MQ-25、側面

F/A-18、EA-18G、F-35Cなどの機体に宮中給油が可能。

ボーイング、MQ-25、空中給油、横から

アメリカ海軍が使用するF−35の航続距離は2,200km程で、通常は最大でも片道1,100kmの距離までしか攻撃が行なません。しかし、空中給油を行なうことで行動半径を広められ、戦闘地域に空母を近づけることなく攻撃が行なるようになります。

ボーイング、MQ-25、給油の様子

【関連情報】MQ-25:空中給油ドローン『スティングレイ(ロッキード・マーチン製)』の動画

編集後記

F/A-18などのハードポイント(機外兵装ステーション)に給油用のポッドを装着して空中給油機として運用されていた、という歴史を考えると、『MQ-25』の空中給油ポッドにミサイルを取り付けることも難しくはなさそうに思えます。現段階では「給油」以外の用途は発表されていませんが、今後展開に注目です。

新型ドローン『Mavic 2』が登場!

<Mavic 2シリーズ登場!>
DJIの最新型ドローンはハッセルブラッド製カメラ搭載の『Mavic 2 Pro』と『Mavic 2 Zoom』の2モデル!



DJI Mavic 2 ProをDJI公式ストアでチェック!


DJI Mavic 2 ZoomをDJI公式ストアでチェック!


Mavic 2シリーズをチェック!