【2021年最新】ドローン人気最新機種6選! 空撮初心者におすすめな高コスパモデルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


ドローンを初めて購入する前のチェックポイント

Instagramやテレビ番組などでドローンを使用した魅力的な映像をよく見かけるようになりました。

最近ではドローンを初めて操縦する方でも本格的なドローン空撮にトライできる、カメラ付きで高機能&リーズナブルな価格の機種が次々と発売されています。

しかし、ドローンによってカメラ機能や搭載機能は様々。ここからは目的に合ったドローンの機種選定のために、購入前のチェックポイントをご紹介していきます。

ドローンの人気メーカーは?

免許を持たずとも空撮ができる「コンシューマー向けドローン」のトップシェアを持つのは中国のドローンメーカー「DJI」です。

「DJI」は初心者〜セミプロ〜プロ向けドローンなど、ユーザーの様々な目的に対応するドローンを製造しています。世界中で多くの愛用者がいることから、レビューや操作手順など解らないことが合っても比較的、調べやすいです。

ドローンの操作方法は?

ドローンは「プロポ」と呼ばれる送信機コントローラーを使用して操作します。ほとんどのコントローラーが「モード1」「モード2」を切り替えて利用できます。

「モード1」「モード2」の違いは前後と上昇下降が左右反対なところ。図にするとあまり違いが無さそうに見えますが、一度どちらかのモードで慣れてしまうと変更するのはかなり難易度が高いです。

海外の主流派「モード2」ですが、日本のラジコンはほとんどが「モード1」です。海外製ドローンは「モード2」しか対応していないものも。購入前にプロポのモード確認を必ず行うことをおすすめします。

ドローンは全て空撮できる?

空撮目的でドローンを購入される際は「カメラ付きドローン」を選ぶようにしましょう。ドローンの中には高機能コンパクトデジタルカメラ並みの性能を搭載する機種が多数販売されています。

空撮クオリティにこだわりたい方は、搭載されているカメラの機能を購入前に確認するようにしましょう。

ドローンの重量は?

現在の日本の航空法では200g未満のドローンは規制の対象外です。もちろん条例やモラルの面など、200g未満だから何処でも飛ばして良いことは決して無く、飛行の際は必ずドローンを飛ばして良いか各所に確認する必要があります。

ですが、持ち運びのしやすさや操作面から見ても200g未満のドローンは非常に扱いやすいです。初めてドローンを操縦される方や、これから少しずつ操縦に慣れていきたいという方は、まずは200g未満のドローンがおすすめです。

【2021最新】おすすめカメラ付きドローン6選

トイドローンより高機能な、自分だけの趣味だけでなくSNS用や映像制作などの現場でも使用できるカメラ付きドローンをご紹介しています。詳細スペックもご紹介しているので、そちらも併せてチェックしてください。

5.4K撮影可能
DJI Air 2S

DJI Air 2S 主なスペック
重量     : 595g
最大飛行時間 : 31分
カメラ性能  : 5.4K撮影可能

 

2021年4月15日に発売されたばかりの1インチCMOSセンサー搭載ドローンDJI Air 2S。5.4K動画撮影が可能でフライトモードや映像撮影モードが多く搭載されているため、ドローン初心者でもプロレベルの映像制作ができます。

前モデルのMavic Air 2より全体的にアップグレードされており、コスパ最強のモデルです。

▼おすすめ記事

・DJI Air 2Sの決め手は伝送機能?!高性能ドローンを詳細レビュー!

・新型ドローン「DJI Air 2S」の魅力を解説!1インチセンサー搭載で5.4K動画撮影が可能に

200g未満で4K撮影可能
DJI Mini 2

DJI Mini2 主なスペック
重量     : 199g
最大飛行時間 : 18分
カメラ性能  : 4K撮影可能

 

ドローン初心者の方におすすめしたい高コスパドローンがDJI Mini2です。

200g未満というコンパクトサイズにも関わらず、4K撮影が可能。折りたためばポケットにも入れられるスマホサイズのドローンなので、アウトドアや旅行の際に重宝します。

FPVを楽しむなら!
DJI FPV

DJI FPV 主なスペック
重量     : 795g
最大飛行時間 : 20分
カメラ性能  : 4K/60fpsの撮影対応

 

DJIから発売されたばかりのFPVドローンです。免許を取得せずともFPV操縦をできるとあって発売と同時にたちまち話題になりました。ハイスペックなドローン機体にFPV映像を低遅延かつ高解像度で映像伝送することができます。

オプションでは片手の動きだけでDJI FPVを制御できるモーションコントローラー(別売)も。ドローンの新たな楽しみ方を提供してくれるFPVドローンです。

▼おすすめ記事
・DJI FPVを楽しもう!ドローンレースチーム監督に、魅力を直撃取材!

セミプロ向けドローンなら
DJI Mavic Air2

DJI Mavic Air2 主なスペック
重量     : 570g
最大飛行時間 : 34分
カメラ性能  : 4K UHDカメラ搭載

 

ドローン本体・リモコンともに折りたたみが可能で、コンパクトに持ち運びができます。

4K撮影ができるのはもちろん、精度の高い障害物回避機能や、「Active Track 3.0」「POI3.0」など高い撮影クオリティを担保するための撮影機能も搭載されています。

より本格的な空撮ができるセミプロ〜プロ向けドローンといえるでしょう。

プロ愛用者多数
DJI Mavic 2 Pro

DJI Mavic 2 Pro 主なスペック
重量     : 907g
最大飛行時間 : 31分
カメラ性能  : Hasselblad L1D-20cカメラ搭載

 

月面着陸写真で有名なスウェーデンの老舗カメラメーカー、ハッセルブラッド社のカメラを搭載しています。プロカメラマンの愛用率が高く、折りたたみ式のコンパクトサイズのドローンモデルの中では最上位機種との呼び声も高いです。

セミプロ〜プロ向けモデルで、ドローンを趣味だけでなく映像制作など仕事の現場でも活用したい方におすすめのモデルです。

▼おすすめ記事

【DJI Mavic 2 Pro/Zoom】映画の様な美しい映像が撮影できるおすすめドローン

ズーム機能にこだわるなら
DJI Mavic 2 Zoom

DJI Mavic 2 Zoom 主なスペック
重量     : 905g
最大飛行時間 : 31分
カメラ性能  : 光学2倍ズームレンズ搭載

 

ドローン空撮で望遠・ズーム機能を重視するならMavic 2 Zoomがおすすめです。光学2倍ズームレンズを搭載し、さらにデジタルズームを使用すれば最大4倍のズーム撮影が可能です。

空撮中に、もっと近づいて撮影したい時も、操作をせずともズーム機能がパワーを発揮し、微細な部分まで撮影することができます。

▼おすすめ記事

【DJI Mavic 2 Pro/Zoom】映画の様な美しい映像が撮影できるおすすめドローン

編集後記

今回の記事では初心者の方にもおすすめなカメラ付き空撮ドローンをご紹介しました。ドローンはモデルによって搭載されている機能も様々です。使用目的に沿ったドローンを選ぶことで、よりアウトドアや空撮を楽しむことができます。





2021.07.02