Mavic-Air-dji-store

知らきゃ大損? ドローン空撮の発注者が知るべきことすべて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ドローンを操作するプロフェッショナルオペレーターのイメージ

出典(Source):、以下同じ

ドローン撮影の料金を徹底解説!

一時期は「危険なモノ」「趣味用」と誤解されることもあったドローン。しかし、近年は安全性や安定性が増し、産業用としても活躍しています。日本の人口、特に労働力人口が大幅に減少することが確実になっている今こそ、AIやIoT、ブロックチェーンなどと並び「ドローンを活かした業務改善」ができるかは、将来における事業の明暗を分ける「重要のひとつであるとしても過言ではありません。

幸いなことに、ドローンは機体改善やビジネスに活用するための試行錯誤が積み重ねられてきた実績があるため、大企業のみならずとも日々の業務に活用できるようになりつつあります。少し前の流行語を借りるなら、「ドローン、いつやるの?」「今でしょう!」という状態です。

本稿では、そんなドローンの中心的な活用法である撮影(空撮)に利用する場合を想定して、アウトソーシング(外部委託)する際の料金や知っておくべきポイントなどをまとめました。

ドローン撮影が活用できるシチュエーション

産業、ビジネス、仕事にドローン撮影を活用する場合、現在は以下のような用途が想定できます。もちろん、新しい分野ですのでまったく新しい利用方法にトライすることも十分に可能ですが、「現状、メジャーなドローン撮影の用途」として以下のようなものがあります。

  • ドローン空撮で記念撮影:結婚式、運動会、イベント、など
  • ドローン撮影を建築・工事現場で使う:オルソ画像作成、進捗確認、完工式、など
  • ドローン撮影で点検:屋根、橋梁、ソーラーパネル、煙突、側壁、など
  • ドローン撮影を農業に使う:精密農業、害獣対策、など

なお、上記のような光学(RGB)カメラを利用した撮影以外にも、サーマルカメラを搭載したドローン利用した点検、精密農業、遭難救助やレーザー発振器などを搭載したドローンを利用した測量なども行われています。

ドローン撮影料金を決める要素

dorop

ドローンで
写真を撮影する料金

ドローン撮影の料金、相場を決める要素は複数あるため一概に「これだけ」とは断言できませんが、いくつか代表的な要素があります。ドローン撮影を行ない会社・業者が考慮する代表的なポイントは以下の通りです。

ドローンで
動画を撮影する料金

ドローン撮影の料金の内訳

ドローン撮影の料金と
ドローンの機体

ドローン撮影の料金と
サービス&プラン内容

ドローン撮影の料金と
申請費用


ドローン撮影の料金と
キャンセル費用

ドローン撮影の料金の見積もり


※『スマートニュース』アプリでご覧の際に、以下の画像や動画が表示されない場合は、記事末尾の「オリジナルサイトで読む」をタップしてください(環境によって動画が表示されない場合があります)。

【動画】

編集後記

コチラも注目!


『ビバ! ドローン』をお読みの方におすすめのガジェットをご紹介!

Translate »