• カテゴリ一覧を見る

【2023年版】定額音楽配信サービスAWAとは?無料で使う方法や利用するメリットをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

現在、サブスクリプションと呼ばれる定期購入サービスが数多くリリースされています。サブスクリプションはモノの販売だけではなく、映像や音楽の配信サービスにも用いられています。この記事では、音楽の定額配信サービス「AWA」について、利用料金や各種料金プラン、購入するメリットについて紹介します。

【関連記事】

音楽ストリーミングサービスどれにする?人気の6社を徹底比較!

Apple Musicの学生(学割)プランって?条件や他のプランとの違いを解説します

音楽ストリーミングサービスどれにする?人気の6社を徹底比較!

AWAとは

「AWA」は「アワ」と読む音楽配信サービスです。サブスクリプション(略称:サブスク)と呼ばれる定額購入型のサービスで、あらゆるデバイスで1億曲以上のあらゆる音楽を手軽に再生できます。配信している音楽は日本国内のものだけではなく洋楽も聴けるため、世界中の人気曲に触れられる点が魅力です。

またAWAは音楽が聴けるほかにも、プロのアーティストから個人で活動しているシンガーの方々が生配信を行っており、音楽をより身近に感じられるサービスと言えます。

AWAに無料トライアル期間はある?

AWAは定額料金を支払うことで利用できる音楽配信サービスですが、無料で利用できる期間があるため安心して試せます。無料トライアル期間が適応されるのは、有料のプランへ申し込むタイミングです。

無料トライアル期間は1か月間で、期間中は有料プランと同等のサービスを受けられます。無料トライアルを利用する際の注意点は以下の2点です。

  • 無料期間が適応されている期間中に有料プランの正式な購入を実行してしまうと、無料期間が終了しすぐに有料期間へと移行してしまう
  • 無料期間が終了すると有料プランへと自動移行されるため、支払いが発生してしまう

特に2点目は、うっかり解約を忘れていると課金が発生するおそれがあるため注意しましょう。また、無料トライアルの体験のみで退会可能なので、残り期間を意識するようにしてください。

AWAに無料トライアル期間はある?

AWAは定額料金を支払うことで利用できる音楽配信サービスですが、無料で利用できる期間があるため安心して試せます。無料トライアル期間が適応されるのは、有料のプランへ申し込むタイミングです。

無料トライアル期間は1か月間で、期間中は有料プランと同等のサービスを受けられます。無料トライアルを利用する際の注意点は以下の2点です。

  • 無料期間が適応されている期間中に有料プランの正式な購入を実行してしまうと、無料期間が終了しすぐに有料期間へと移行してしまう
  • 無料期間が終了すると有料プランへと自動移行されるため、支払いが発生してしまう

特に2点目は、うっかり解約を忘れていると課金が発生するおそれがあるため注意しましょう。また、無料トライアルの体験のみで退会可能なので、残り期間を意識するようにしてください。

AWAのプランと利用料金

定額制の音楽配信サービスであるAWAの利用料金はわかりやすく、プランも2種類のみなので選びやすい点が特徴です。ここでは各プランの利用料金を中心に、概要についてもまとめます。どちらのプランが適しているか考える際の参考にしてみてください。

出典:https://awa.fm/

有料の「Standardプラン」

AWAの有料プランである「Standardプラン」の利用料金は以下の通りです。

  • 月額980円(税込)※学生は月額480円(税込)
  • 年額9,800円(税込)

いつでもやめられるように月額払いを選択して備えておく方法もありますが、長く使いたいと思っている方には年額払いがおすすめです。年額を一括で支払うと1年間で約2か月分の料金、1,960円(税込)もお得に利用できます。ほかにも、料金が通常の半額になる学生プランは中学生以上が対象で、月額払いのみになります。

なお、いずれも自動更新であり、期間終了日から24時間以上前に解約しないと支払いが発生してしまうため、継続するかどうかの判断は早めに行いましょう。

Standardプランは、気になる曲を最初から最後までフルで聴けます。また、曲をダウンロードすればオフライン再生できるため、通信環境が整っていない場所でも再生可能です。全ての機能が何も制限なく利用できるため、積極的に利用したい方におすすめです。

無料の「Freeプラン」

AWAは有料プランに加入しなくても、無料の「Freeプラン」で音楽再生が可能です。無料でも広告なしで音楽を再生でき、プレイリストを作って好みの音楽をまとめられます。

しかし無料プランのため、月に累計20時間までしか再生できないという制限があります。フル再生やオフライン再生に制限がかかることもあるため、自由に音楽を聴きたい方は有料プランを選ぶとストレスなく楽しめるでしょう。

AWAの支払方法

AWAの利用料金は、月額・年額問わず支払い方法が3つあります。決済可能な方法は以下の通りです。

  • クレジットカード決済
  • 携帯電話のキャリア決済
  • コンビニ決済

自動引き落としで手間なく継続したい方には、クレジットカード決済やキャリア決済がおすすめです。一方、クレジットカードを持っていない方や、格安SIMなどキャリア決済未対応の携帯電話を利用されている方は、コンビニ決済を利用しましょう。

AWAに備わっている便利な機能

AWAは多くの音楽が聴けるだけの配信サービスではなく、生活の中に音楽を取り入れるのに適した便利な機能がいくつも備わっています。活用をおすすめする機能の一例を以下で紹介します。

スリープタイマー機能

プレイリストを再生する際、あらかじめ再生を停止する時間を決められます。これは、音楽を再生しながら就寝したい方におすすめの機能で、眠りにつくまでの時間を予測して設定しておくことで、起きるまで音楽が流れっぱなしになる事態を防止できます。そのため、スマホやタブレットなどのバッテリー摩耗を抑えられ、AWAを積極的に利用する方に向いている機能といえるでしょう。

オンライン空間「LOUNGE」

AWAのサーバー内には「LOUNGE(ラウンジ)」と呼ばれるスペースがあり、歌手たちの生配信を視聴できます。LOUNGEは、音楽を聴けるだけでなく他のユーザーと音楽についてチャットを送り合い交流ができるため、好きなものを誰かと共有したいと考えている方におすすめの機能です。

検索機能

聴きたい音楽があるけれど曲名や歌手名が分からないといった経験を持つ方は多いでしょう。AWAには、文字の検索以外に音楽をデバイスに聞き取らせ、曲名を探し出す検索機能が付いています。ふと気になる曲を耳にした時にAWAの検索機能を利用すれば、曲名を知らなくても対象の音楽を見つけられます。

AWA を利用する際のメリット・デメリットについて

定額制の音楽配信サービスAWAは、音楽好きな方に向いているサービスです。実際に利用を始める前に、どのようなメリットとデメリットがあるのかをある程度把握しておくといいでしょう。ここではAWAを利用するメリット・デメリットを解説します。

AWAのメリット

AWAのメリットは、代表的なものを挙げると主に5つあります。

1.配信されている音楽の音質が良い

ビットレートが低い環境で配信型の音楽を再生すると、音質が下がってしまう場合があります。AWAであれば、音質が環境に左右されにくく、高音質で音楽の再生が可能です。

2.全曲オフライン再生できる

AWA内で配信されている曲は、全てオフライン再生が可能です。オフライン再生するには事前に曲をダウンロードする必要があります。一度ダウンロードが完了すればいつでもオフライン再生が可能なので、お気に入りの曲はダウンロードしておくと良いでしょう。

3.無料プランでも広告が出ない

配信サービスでは、無料で配信を見たり聴いたりできる代わりに、ところどころに広告が挟み込まれるケースが多々あります。AWAは、無料のFreeプランで音楽を再生しても広告が表示されません。何曲もテンポ良く再生したい方にとっては大きなメリットと言えます。

4.スマホでなくても再生可能

AWAはスマホやタブレット用のアプリとしてのサービス展開だけでなく、ブラウザ版もリリースしています。そのため、手元にスマホがない時やスマホをあまり使わない方でも、パソコンがあればAWAを利用できます。

5.自身が配信者になれる

音楽配信サービスであるAWAでは、プロの楽曲配信やラジオ配信だけでなく、全ユーザーが配信者となって活動できます。配信では、視聴者が配信者に向けてプレゼントを渡す「ギフティング機能」が付いているため、配信者であるユーザーの工夫次第で収益化も目指せるでしょう。

AWAのデメリット

メリットが数多くあるAWAですが、デメリットもいくつか存在します。

1.新曲がすぐ配信されるとは限らない

元々AWA内で配信されているアーティストが新曲を発表したとしても、すぐにAWAで配信されるとは限りません。どうしてもフルで聴きたい曲があるなら、YouTubeの公式チャンネルや、CDのレンタルサービスなどの利用も考えましょう。

2.好きなアーティストや曲が配信対象とは限らない

AWAでは1億曲以上の楽曲が配信されていますが、世に出回っているアーティストの数や楽曲の数は膨大です。そのため、聴きたいと思う曲がAWA内で配信されていないというケースもありえるため、事前にチェックしておくと良いでしょう。

3.複数のデバイスで同時再生ができない

AWAを利用できるデバイスは、スマホやタブレット、パソコンなどさまざまです。しかし、それぞれ複数のデバイスで楽曲を同時再生できないため注意しましょう。これは無料プラン、有料プランともに共通の仕様です。

編集後記

サブスクリプションは、現代においてあらゆるサービスで用いられている形です。音楽配信サービスのAWAも例外でなく、月額もしくは年額の利用料金を支払えば、1億曲以上の楽曲がオンラインでもオフラインでも楽しめます。また、AWAなら無料プランでも充実した機能が使え、有料プランでも初めの1か月は無料トライアルが試せます。

スリープタイマー機能や、LOUNGE機能という新しい音楽体験に加え、人気の楽曲やアーティストに興味がある方は、ぜひ定額音楽配信サービスAWAを利用してみてください。

【2023年最新】音楽ストリーミングサービスどれにする?人気の6社を徹底比較!

 

 





2023.01.27