手投式で離陸ができる固定翼無人航空機「ATLAS(アトラス) C4EYE」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

固定翼無人航空機「ATLAS(アトラス) C4EYE」

C-ASTRAL X-WORKSによって開発された無人航空機「ATLAS(アトラス) C4EYE」。特殊作戦部隊などで警備や偵察等に活用されています。

離陸方法は手投げ式で自立飛行をするため、目立たず静かに打ち上げることが可能。

本体重量が3kg以下で組み立て式であるため、持ち運びもしやすい設計になっています。

出典:日本海洋株式会社

機体の回収はパラシュートで行います。また、機体自体が防水であるため、海面への着水回収も可能。

超小型ジンバルデュアルカメラを装備しているため、昼夜問わず偵察ができます。目標捕捉・追跡機能が搭載されているため、ターゲットを追跡することも容易に可能。

仕様

翼幅155 cm
全長82 cm
最大離陸重量2.7 kg
ペイロード0.3 kg
EYE – X HD – 光学/赤外線カメラ
ズーム:x 6.6 + x 2 デジタル(合計x 13.2)
赤外線解像度:640 x 480
推進機C-Astral ブラシレス電動モーター
巡航速度54 km/h
最大速度108 km/h
滞空時間最大 90 分

本記事を読んで 「ATLAS C4EYE」が気になった方は日本海洋株式会社をチェックしてみてくださいね。

日本産初の本格的なVTOL型ドローン「エアロボウイングAS-VT01」

★ドローンを購入するならコチラ★




2020.11.15