Apple Watch、心電図アプリが日本でも使用可能に!不規則な心拍を通知する機能も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Apple Watch 心電図アプリが使用可能に

Apple社が、ついに日本でもApple Watchで心電図アプリケーションと不規則な心拍の通知機能が利用できるようになることを発表しました。

この機能は米国ではすでに2018年12月からスタートしており、近日公開予定と見られるiOS14.4とwatchOS 7.3のリリース後にApple Watch Series4以降のモデルで使用可能となります。

不規則な心拍を通知

心電図を記録するにはApple Watch Series4以降の製品で心電図アプリケーションを開き、時計のつまみの部分に30秒間指を当てれば心電図が表示される仕組みです。「正常」「心房細動が生じている」「心拍数が少なすぎる」「心拍数が多すぎる」という4種類の表示が出る仕組みです。

また、アプリを起動せずとも自動で心拍リズムを調べることが可能で、不規則な心拍であり不整脈に最も多いとされる「心房細動」が疑われる場合にはApple Watchに通知が来ます。「心房細動」は治療をせず放置すれば脳卒中の恐れもあるため、心拍をApple Watchで計測することは病気予防にもなります。

編集後記

かねてから期待されていたApple Watchの心電図アプリ。Apple Watchは日本でも医療機器として承認・認証を取得しています。未然の病気予防に一役買ってくれる機能となりそうです。

【2021最新】編集部おすすめのスマートウォッチ8選!高機能やおしゃれなモデルをご紹介!





2021.01.23