リアルすぎる!?人型ロボット『Android Robo-C』の大量生産が開始【動画あり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

<人気記事リスト>


リアルすぎる人型ロボットがロシアで大量生産されています!

このリアルな人型ロボットを製作しているのはロシアの自律型サービスロボットメーカーのPromobot。その姿はまるで本当に生きている人間のようです。この人型ロボット「Android Robo-C」の顔面は誰にでも似せることができ、同社はこれを世界初のアンドロイドだといいます。

Promobotは人間をコピーする

【動画】Robo-C – Promobot

このPromobotは、人間の外見をコピーするだけではなく、ビジネス環境に統合できる世界初の人型ロボットです。Robo-C担当者によると「完全に擬人化されたマシン」であり、人間の表情を細かくコピーします。目、眉、唇、その他の「筋肉」を動かし、会話を自然に続けて、相手の質問に答えることができます。

特定の人物のよく使用するフレーズに基づいて言語モデルを構築することが可能。「オリジナル」の頻繁な表現を独自に分析し、特定人物の会話の文脈をコピーし、コミュニケーションを図ります。

同社が開発した技術と特許取得済みのデザインには、600を超える表情があります。のアンドロイドは、人間の外見をほぼ完全に近い形で模倣することができます。独自のコンポーネントベースを作成し、リアルな人工皮膚を取り付けています。

アンドロイドが人間に成り代わる

同社は、すでにある音声アシスタントと同様の方法で、Promobotをコンパニオンやパーソナルアシスタントなどの個人用ロボットとして製造することも計画しています。混雑している場所など、人間が立ち続けるのは困難な場所で、Promobotが活躍することを期待しています。既にいくつかの個人的な注文を受けており、カスタマーサービス用のロボットの購入に関心のある企業とも交渉中とのことです。

役に立たないのに売れまくる『LOVOT』その人気の理由とは

編集後記

リアルすぎる人型アンドロイドの登場!あまりのリアルさに思わず二度見してしまいました。動いた姿も人間そのもので、SF映画の世界がついに現実に。アンドロイドが人間に成り代る時代も、もうすぐかも。

<最新記事>





Translate »