A.L.I.がミサワホームの未来コンセプト住宅にドローンによる個別配送システムを実装完了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野大輔、以下「A.L.I.」)と、ミサワホーム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:磯貝匡志、以下「ミサワホーム」)が、住まいづくり体感施設「ミサワパーク東京」(東京都杉並区)に建設した、持続可能な未来につながるコンセプト住宅「グリーン・インフラストラクチャー・モデル」へのドローンによる個別配送システムの実装を完了しました。

ドローン配送システムを住宅に実装

将来的に、荷物の配達状況可視化システムに連動することを想定し、移動式ドローンポートとそれに対応したドローン配送システムを住宅に実装。

居住者は専用アプリケーションを使い、ドローンポートを屋外に移動させておきます。ドローンはA.L.I.が独自開発した制御システムC.O.S.M.O.S*(コスモス : A.L.I.が開発しているドローン運航管理システムで、飛行区間の定義から認証、決済まで複合的に知財化した空のインフラ特許に基づき開発している。)による飛行管理のもと、ポートへの離発着、荷降ろし、配送拠点への帰還を行います。IoTとC.O.S.M.O.Sを組み合わせることで、アプリケーション連携、自律飛行、ワイヤレス給電を行うことが可能です。

この仕組みの実装により、高齢者や体の不自由な方の外出回数低減や、介護中・育児中など外出が困難な際の日用品や医薬品の注文配送ニーズに応えるほか、受け取り日時に在宅する必要がないことで、居住者の自由な時間の使い方の創出にもつながります。

運航管理システムC.O.S.M.O.Sを使うことで、複数台・複数案件の同時オペレーションが可能となり、多様なユースケースに対応できます。また、配送会社と連携し、一部地域における配送の代替手段としてドローンを使うことにより、再配達の負担軽減やCO2排出低減といった持続可能な物流手段としても貢献し、物流のラストワンマイルという課題解決の一つにつながります。

レベル4を想定したインフラ構築を目指して

両社は今後、レベル4(有人地帯の目視外飛行)を想定したドローンによるインフラ構築を目指していくとしています。。

今後もレベル4を想定したドローンシステムの運用を目指し、オペレーターと機体の登録、認証及び一元管理、気象情報との連携、飛行状況のリアルタイム通信、危機管理のための遠隔操作といった機能を持つC.O.S.M.O.Sを活用することで安心安全な運航管理システムを構築していくとしていきます。

A.L.I.とは?

AI搭載型ドローンをはじめ、各種ソリューションビジネスを展開し、FAIドローンレースを運営することで培った飛行管理ノウハウ、並びに年間5000回以上のドローンソリューション実績を持つドローン・AI事業、世界中のコンピューティングパワーをシェアリングする演算力シェアリング事業、世界初の実用型ホバーバイクの販売を目指すエアモビリティ事業を展開。

A.L.I.は、既存の発想に捉われず、ドローン、AI、ブロックチェーンなどのテクノロジーを活用したプロダクトを開発し、イノベーションを起こし続けてまいります。

 

 





2021.07.12