A.L.I.が最大50kgを20km先まで運ぶ次世代ドローンを開発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


物流での活躍が期待されるドローン。本格的に物流業界でドローンが導入されるには、今よりも重い荷物を運べる機体が必要だと言われています。物流ドローンの開発は海外メーカーが目立つ中、国内でも需要に応えるべく、多くの企業が研究開発と実証実験を重ねながら実用化に向けて進んでいます。

次世代の物流ドローンが誕生!

ホバーバイクやドローンなどの開発で知られるA.L.I.Technologies(以下A.L.I.)が重さ50kg以上の荷物を20km先まで運ぶことが可能な物流ドローンを開発しました。A.L.I.はドローン関連の技術開発や戦略コンサルティング、オリジナルプロダクトの開発など次世代ビジネスの研究開発・導入・実運用までを包括的に行う国内スタートアップです。

A.L.I.が今回、発表した物流ドローンは重量運搬に特化した産業用ドローン。ブロックチェーンによる機体認証と、物流ボックス(ブロックチェーンボックス)との連携によって非常に高い安全性を誇る次世代の物流ドローンを開発しました。オープンソースによる機能拡張性に優れた、今後の5Gによるデジタル通信を見据えた製品となっています。

ドローンの自律・自動運用を実現する空のトラフィック管理プラットフォームである『A.L.I.C.O.S.M.O.S』と連携し、リアルタイムモニタリングと遠隔自動操縦を可能にしています。

ペイロードは最大50kg

世界初の商用型空飛ぶバイク”XTURISMO”にも使用されている二重反転ダクテッドプロペラがこのドローンにも複数小型化搭載されているように見えます。

発表では、この機能によって整流と静音を可能にし、6つのアームに実装されている複数のプロペラによって飛行不具合発生時にもゆっくりと自動着陸を実行する自動フェイルセーフ機能で安全性を高めているそうです。そして、最大30分の飛行時間と時速40kmの飛行性が、最大で20km先まで物を運搬することを可能にしているとのこと。

将来は、準天頂型衛星システム”みちびき”との連携も目指しているとのことで、みちびきのリード会社である三菱電機株式会社、そのモジュールを開発している京セラ株式会社の2社が先日A.L.I.が発表した大型資金調達の資本提携先になっていることも興味深いです。

加えて、東京モーターショーでA.L.I.が主催したFAI Drone Tokyo Racing and Conference 2019においても、民間UTM(UAV Traffic Management)システムとして『A.L.I.C.O.S.M.O.S』をFAI(国際航空連盟)が採用しており、ドローン管制への布石も気になるところ。

特筆すべきは、西日本旅客鉄道株式会社グループとの資本提携、九州旅客鉄道株式会社との業務提携による鉄道インフラへの取り組み、プロフェッショナルドローン操縦士の大量募集やACSL(自律制御システム研究所)との教育プログラムの取り組み、三菱日立パワーシステムズ株式会社とのプラント施設向けドローンの共同開発と業務提携など、そして今回の物流ドローンのバックグラウンドはすべて繋がっているのでしょうか。

資本提携先グループに測量大手2社の存在もあり、農業においてもヤンマーグループのファームアイ社との業務提携をしていて、ドローンの本格的な社会実装に向けて動き出したのか、ますます気になります。

国内外で進む物流ドローンの開発

従来の技術では、ドローンを使用して荷物を輸送する場合の限度は、10kg程度だと言われていました。しかし、日本で地震や台風などの災害が増加している中、救援物資の運搬手段として機動性が非常に高く、重量物の運搬が可能な物流ドローンへの期待は年々、高まりつつあります。

海外では、ドイツのベンチャー企業であるVolocopter社が、最大200kgの積載が可能な物流ドローン『VoloDrone』を発表するなど、開発が急ピッチで進んでいます。国内でも空飛ぶクルマを開発するSkyDrive社が、建設現場での利活用を見据えた、最大30kgを運搬する『カーゴドローン』を発表。各社が重要に応えるべく、物流ドローンの研究開発を急速に進めています。

空飛ぶバイクを開発するA.L.I.とは?

A.L.I.はホバーバイクの開発や、ドローン関連の技術開発、戦略コンサルティングを行う国内スタートアップです。ドローンからより大型の有人機の分野にも参入し、将来的にはエアーモビリティ社会の実現を目指して各種関連事業に取り組んでいます。

開発を進めているホバーバイクは、AIによる姿勢制御機能を持ち地面から数十センチの高さを浮いて人が自在に運転することができます。将来的には、より高い高度を飛ぶことを目指すとのことですが、そのためには航空法を含む多くの法律・規制の整備が必要となってきます。A.L.I.のホバーバイクは道路運送車両法に基づき、公道を走れるようになることを目指して開発及びルール適応に取り組んでいるとのことです。

A.L.I.はドローン、AI、ブロックチェーン等のテクノロジーを活用したプロダクト開発を進めると共に、その技術と知見を活かし、早期の量産型ホバーバイクのグローバル販売の実現にも取り組んでいくとのことです。

編集後記

空飛ぶバイクを開発するA.L.I.が、最新のブロックチェーン技術により高い安全性を誇る、次世代の物流ドローンを発表しました。A.L.I.は今後も幅広い技術と知見を活かし、テクノロジーを活用した新たなプロダクトを開発していくとのことで、資本・業務戦略とテクノロジー・国際的ルール戦略が綺麗に繋がっており、今後の動向が気になります。

★ドローンを購入するならコチラ★




2019.12.27