【2021最新】編集部おすすめ空気清浄機ランキング9選!一人暮らし向けやウイルス抑制モデルをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

空気清浄機は、花粉・ホコリ・ハウスダスト・ウイルスなど、健康的に日々過ごすために必要不可欠なアイテムです。
最近では、PM2.5などの微細な粒子からさまざまなアレルゲンや有害物質を除去できるモデルも登場しています。

今回の記事では、「空気清浄機が必要だと思いつつも、どのように選んだらいいのかわからない」という方に向けて、選び方のポイントやおすすめ商品をまとめました。

是非参考にしてください。

空気清浄機の選び方

空気清浄機の選び方1.フィルターの性能

空気清浄機には、「集塵フィルター」と呼ばれるホコリや塵をキャッチするろ過装置が搭載されています。
これにより、空気清浄機が吸引したホコリや塵を再び放出させないようにすることができます。

なかでも「HEPAフィルター」と呼ばれるフィルターは、空気中の微細なホコリを取り除くことに長けた高性能なフィルターです。日本工業規格(JIS規格)にて「定格流量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルター」と定義されています。

多くの製品に搭載されていますが、ハウスダストや花粉などが気になる方は要チェックです。

空気清浄機の選び方2.適用床面積・適用畳数

空気清浄機を選ぶ上で確認必須な項目が「適用床面積」です。「適用畳数」ともいいます。

基本的には、「自分の部屋の広さの3倍以上」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら「適用床面積・適用畳数」は、日本電機工業会によると「規定の粉塵濃度の汚れを30分で清浄できるお部屋の広さ」のことを示しているからです。
つまり、部屋の広さと全く同じ適用畳数の空気清浄機を置くとものすごく時間がかかってしまうのです。

これらを踏まえると、例えば6畳の部屋に空気清浄機を置くのであれば、適用畳数は18畳のものをチェックするとよいということになります。

部屋の広さと空気清浄機のスペックのバランスをしっかり見極めるようにしましょう。

空気清浄機の選び方3.手入れのしやすさ

空気清浄機は、表面にはプレフィルター、その奥にHEPAフィルターが取り付けられている構造です。
プレフィルターは、週に一回は掃除機で吸い取る作業が必要です。
フィルターに付着したホコリを取り除くことで、空気清浄の効果を維持することができます。

このように、空気清浄機はこまめな手入れが必要不可欠。

定期的なメンテナンスが面倒だと思う方は、自動で掃除を行う機種を検討するといいかもしれません。

空気清浄機の選び方4.ランニングコスト

空気清浄機のフィルターは交換が必要です。
しかしその頻度は半年〜10年とさまざまです。

交換頻度が高い機種はコストがかかる反面、取り外して捨てるだけで清浄力を高く維持できるので楽です。

交換頻度が低い機種はコストがかからないですが、一つのフィルターの使用期間が長くなるため清浄力が徐々に落ちてしまいます。

日々の生活の中で使うものなので、自分に合っているのはどのようなタイプなのかしっかり考えて決めましょう。

空気清浄機の選び方5.機能

空気清浄機には、加湿や除湿といった機能を兼ね備えたものもあります。
新しく加湿器を購入する必要がなくなるので、コストを抑えられるのがメリットです。

また、部屋の中をできるだけシンプルにしたい方にもおすすめです。

他にも、ターボ機能がついている機種もあります。
作動音は少し大きいですが、短時間で部屋の空気をきれいにしてくれます。

このように、複数の機能が搭載されていると一つの機器を使うだけで様々な効果が期待できます。
より充実感を求める方はあわせてチェックするといいでしょう。

空気清浄機のおすすめランキング:一人暮らし向け

1.Dyson(ダイソン) HP03IS

【おすすめポイント】
・PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去
・高い密閉性をもつ360°グラスHEPAフィルター搭載
・夏は扇風機、冬はヒーターとして活用可能

本体サイズ69 x 25 x 25 cm
適用畳数~8畳
フィルターの

交換目安

1年に1回
主な機能空気清浄、ファンヒーター、消臭

毎秒290リットルの空気を送り出し、350°の首振り機能によるパワフルな循環力で部屋全体の空気を清浄することができます。
また花粉、ハウスダスト、ウイルスを捕えてくれます。さらに調理中のニオイや、洗濯物の部屋干し、生ゴミ、タバコなど、部屋の中の気になるニオイも除去する機能も搭載。

年に一回フィルターを交換するだけで、手入れが楽なのも嬉しいポイントです。

ツインバード工業(Twinbird) AC-D358PW

【おすすめポイント】
・まるで森の中のような新鮮な空気。マイナスイオン発生量は1立方センチメートルあたり、約10,000個以上。
・気になるペットやタバコ臭などの臭い成分も除去
・就寝時のご使用に便利な「静音モード」「3時間タイマー」付き

本体サイズ48.5 x 45.5 x 17.5 cm
適用畳数~12畳
フィルターの

交換目安

1.5年に一回
主な機能空気清浄、消臭

お手頃な価格でリビングやワンルームなど12畳のお部屋に対応する空気清浄機です。
マイナスイオンで新鮮な空気を味わえます。

高性能HEPAフィルターが備わっており、0.3ミクロンのハウスダストを99.97%除去することができます。
さらにフィルターをプリーツ状にすると、集塵面積が増加。また目詰まりによる能力低下を防ぎ、集塵効果を持続することもできるようになります。

シャープ(SHARP) KC-H50-W

【おすすめポイント】
・「浮遊花粉」のアレル物質の作用を99%抑制
・遠くのホコリも素早く吸じん
・プラズマクラスターで「浮遊ウイルス」の作用を抑制
・「付着したニオイ」を分解して消臭
・+と-のイオンで静電気を除電

本体サイズ66.8 x 44 x 27 cm
適用畳数~13畳
フィルターの

交換目安

10年に1回
主な機能空気清浄、ウイルス除去、消臭、加湿、プラズマクラスター

空気清浄機の基本性能を備えながら、薄型スリムを両立したスタンダードモデル。
一人暮らしだけでなく、子育て家庭にもおすすめです。

0.3µmの微小な粒子を99.97%以上集じんする、静電HEPAフィルターが搭載。
プラズマクラスター空気清浄機の特長である「スピード循環気流」で、部屋全体に風の流れを素早く行き渡らせます。
そして、遠くのホコリも引き寄せて大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引。プラズマクラスターイオンが静電気を除去しながら、効率良く集じんします。

加湿器としても使うことができるのが魅力的です。

空気清浄機のおすすめランキング:掃除しやすい

【おすすめポイント】
・ターボモードで空気の汚れをスピード清浄
・大型モニターでほこりの量を数値化
・広い空間もしっかり清浄
・前パネルを外すだけでメンテナンスも簡単

本体サイズ62 x 45.5 x 24.5 cm
適用畳数~25畳
フィルターの

交換目安

2年に1回
主な機能空気清浄、ほこり・ニオイ・花粉除去

キレイを実感できるモニター付きの空気清浄機です。
高感度ほこりセンサーで空気の汚れを常にチェックし、すばやく清浄することができます。
大型モニターに表示された数値とバックライトの色で空気のキレイが見えるから安心です。

対応面積25畳で広い空間にも対応できるので、リビングにもおすすめ。
フィルターの交換時期をランプでお知らせし、前パネルを外すだけで本体もフィルターも簡単にお手入れできるのでいつでも清潔を保つことができます。 

象印マホービン(ZOJIRUSHI) PU-AA50-WA

【おすすめポイント】
・花粉とハウスダストを360度全方位から吸引、清浄
・低騒音設計39dB
・4面が一体となった「大面積マルチフィルター」
・フィルターを交換するだけの簡単お手入れ

本体サイズ79 x 38.7 x 35.7 cm
適用畳数~24畳
フィルターの

交換目安

2年に1回
主な機能二重反転プロペラファン・大面積マルチフィルター搭載、エアーサイン+

空気清浄機の本質機能である清浄能力にこだわり、花粉、ハウスダストを360度の方向から吸引できるタワー型空気清浄機です。
花粉やハウスダストが溜まりやすく、小さいお子さんの生活ゾーンでもある床上30cmを吸引できるので、お部屋の端や真ん中などどこにおいても隅々までキレイにすることができます。

航空機や船舶で使われている「二重反転プロペラファン」の技術を採用し、大風量ながらNO.1の低騒音化を実現しました。

除菌フィルター、活性炭フィルター、高性能静電フィルターが一体となっており、カビやペット臭、花粉やハウスダスト、ウイルスなどの微小な粒子をキャッチ。
フィルターのお手入れは交換するだけ。小さく折りたたんで捨てられるので非常に楽です。

ダイキン MC55W

【おすすめポイント】
・高さを抑えたコンパクトモデル
・充実の集塵・脱臭機能 ・静電HEPAフィルター搭載

本体サイズ約W270×D270×H500mm
適用畳数~25畳
フィルターの
交換目安
10年
主な機能空気清浄、花粉・ニオイ・有害物質を抑制

フィルターの除去性能が充実しているのが特徴です。
集塵フィルターを除菌・脱臭能力を持続させることができます。他にもニオイをフィルターに吸着させて、ストリーマを分解。さらに吸着能力が再生するので脱臭能力が持続します。

フィルターの交換は10年間不要なのでランニングコストを抑えながら使うことができます。

空気清浄機のおすすめランキング:30畳以上

ブルーエア(Blueair) Blue Pure 231

【おすすめポイント】
・スウェーデンの空気清浄機専業メーカーのシンプル&カジュアルなモデル
・360°全方向から吸引し、天面から部屋中にきれいな空気を効率良く循環
・約6カ月に一度フィルター交換(24時間使用時)するだけで、初期性能に

本体サイズ幅330x奥行き330x高さ522(mm)
適用畳数~39畳
フィルターの

交換目安

半年に1回
主な機能空気清浄、ファンヒーター、消臭

卓越した独自の空気洗浄技術を誇る空気清浄機です。
広いリビングもパワフルに清浄します。

ボタン一つで電源のオンオフが可能。またスピードコントロールもできます。
フィルター交換だけで簡単にお手入れが完了するのもポイントです。

おしゃれなプレフィルターは全5色ついており、インテリアに合わせて好きな色に交換できるので空間をおしゃれに演出することができるでしょう。

日立(HITACHI) EP-MVG90 N

【おすすめポイント】
・エコにお部屋を自動おそうじ
・お手入れの目安は1年に1回
・ワイドスピード集塵で8畳なら7分で空気をキレイに

本体サイズ71.8 x 41.2 x 33.4 cm
適用畳数~42畳
フィルターの

交換目安

10年
主な機能空気清浄、加湿機能、​PM2.5対応

加湿機能も備わった空気清浄機。
「自動おそうじユニット」が運転48時間ごとに、上下に動きながらブラシでプレフィルターのホコリを取り除いてくれます。
そのため、お手入れの目安は1年に1回程度なのもポイントです。
ダストボックスのゴミ捨てサインをサインでお知らせしてくれます。

空気清浄機が浮遊ウイルス・浮遊細菌・浮遊カビも抑制。
4大臭気とされているチッ素系、アルデヒド系、酸系、硫黄系のニオイ成分の低減に効果があります。硫化水素 (排水口・トイレ臭など)、 メチルメルカプタン (野菜の腐敗臭など)なども対応できるので快適に過ごすことができるでしょう。

アコブランズジャパン TZ3000APJPRAZ

【おすすめポイント】
・UV(紫外線)ランプがフィルター上に蓄積する細菌やウイルスの繁殖を抑制
・センサーポッドで狙った部屋の隅や気になる場所をクリーンに
・シンプルでスマートを理想とし、機能とデザインの両方で生活空間になじむ空気清浄機

本体サイズ82 x 35 x 34 cm
適用畳数~43畳
フィルターの

交換目安

カーボンフィルター3~4ヶ月/ドラムフィルター12~15ヶ月
主な機能空気清浄、UV除菌

軽くてコンパクト、持ち運びしやすいキャリーハンドル付の空気清浄機。
昼はリビング、夜は寝室で、と好きなところに置いて使用することができます。

TruSens独自のピュアダイレクトテクノロジーが2つの空気の流れを作り、心地よくクリーンな空気を部屋の隅々にまで効率的に届けます。
センサーポッドで測定された空気の質は「きれい」「やや汚れている」「非常に汚れている」の3色で表記されます。測定された空気の汚れ度合いに応じて風量を自動調整することができます。

360度デュポンフィルターはあらゆる方向から空気を吸い込み、花粉症、喘息、アレルギーの原因となる様々な室内の汚染物質を機能的に集塵します。
家の中の気になる場所を自動でキレイにしてくれる便利なアイテムです。

編集後記

コロナの影響により、部屋で過ごすことが増えている今。体の不調の原因にもなる埃やハウスダストなどの室内の汚染物質を空気清浄機で綺麗にしてみるのもいいのではないでしょうか。

本記事が皆様の空気清浄機選びの参考なれば幸いです。




2021.01.12