CES2020にエアロネクストが出展!空飛ぶゴンドラを米国初お披露目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


風に対抗するドローン向け重心制御システム『4D GRAVITY』などを開発する国内スタートアップのエアロネクストが、2020年1月7日(火)から10日(金)にかけて米ラスベガスで開催される世界最大級の家電技術見本市「CES®️2020」に、エアロネクストが開発を進める空飛ぶゴンドラ『Next MOBILITY』を出展することを発表しました。

これは、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラムである「J-Startup」の一環であるCES “Eureka Park” J-Startupパビリオンにて選出され、Eureka Park®(ユーリカパーク)に出展するものです。

空飛ぶゴンドラ『Next MOBILITY』とは?

今回CESに出展されるのは、エアロネクストが10月に発表したばかりの人を乗せることができるドローン「Next  MOBILITY。このエアモビリティは「空飛ぶゴンドラ」をコンセプトにしていて、エアロネクストが独自に開発する風に対抗するドローン向け重心制御技術『4D GRAVITY』を応用した技術を採用しています。

どんぶりに入ったラーメンの汁までこぼさずに空を飛ぶことができるほどの安定性を持つ制御技術『4D GRAVITY』は、キャビンと翼やプロペラといったボディを独立させています。飛行時にボディのみを傾斜させるため、客室を地面に対して水平に保つことが可能です。実際に飛行している動画を見てもその安定性はバツグン!着陸も非常にソフトで、スムーズに行われています。

エアモビリティの社会的受容性を高める

まるで観覧車のようなその形は、安定性と快適性を両立させています。今までにない快適な飛行体験を行うことで、エアモビリティの社会的受容性を高め、新たな空域の経済化を加速させる狙いがあると言います。

世界中のスタートアップが空飛ぶクルマの開発に勤しんでいますが、実現するにはまだまだ時間がかかると言われています。「Next  MOBILITY」は、操縦者不要の自動航行。機体の揺れを最小限に抑えながら、複数の人が安全に時間と空間を共有しながら移動できる、まるで観覧車のゴンドラが空に飛び立つような世界をイメージしているといいます。

エアモビリティは安全な移動手段であり、まずは自由に空を飛ぶドローンでの飛行に親しんでもらいたいという想いが込められています

ラーメンの汁もこぼさず運ぶ!ドローン向け最新技術『4D GRAVITY』

エアモビリティ革命への大きな一歩

「Next  MOBILITY」は、回転翼と固定翼を備えたVTOL(垂直離着陸機)です。国内外で数々のアワードやコンテストで優勝しており、世界的に注目を浴びています。エアロネクストが開発するドローンの重心制御技術「4D GRAVITY」と、新たに開発したVTOLの重心制御技術である「ティルトボディ」を搭載。それにより、従来のエアモビリティにおける垂直離着陸時の恐怖心の払拭や、離陸から水平飛行への円滑な移行など、多くの課題を解消しています。

今回CES2020に出展する「Next  MOBILITY」は一人乗りの機体ですが、複数人が乗り込める機体も発表予定です。本機体が社会実装されれば『空の移動革命』への大きな一歩になります。

エアモビリティが移動の利便性を重視する傾向にあるなか、「Next  MOBILITY」は『空を飛ぶことができる安全なドローン』という視点にフォーカスしているところが特徴です。

編集後記

国内スタートアップであるエアロネクストが空飛ぶゴンドラ「Next  MOBILITY」をCES2020に出展するという大ニュース!A.L.I.Technologiesのホバーバイクが東京モーターショーで出展されるなど、国内でもそのエアモビリティへの注目度は高まりつつあります。空の移動革命が起こる未来は、すぐそこです。





2019.12.14