Mavic-Air-dji-store

ベンチャー企業初の快挙! ドローン開発のエアロネクストが『CEATEC AWARD 経済産業大臣賞』を受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

エアロネクスト,CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞

出典(Source):次世代ドローンのエアロネクスト、ベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞|エアロネクスト、以下同じ。写真左は世耕弘成経済産業大臣で、右がエアロネクスト田路圭輔CEO。

エアロネクスト独自の重心制御技術
“4D Gravity”が評価され受賞

経済発展と社会的課題の解決を両立する「超スマート社会(Society 5.0)」の実現を目指す」をテーマに幕張メッセで開催されたイベントCEATEC JAPAN 2018(シーテック ジャパン 2018)において、独自の重心安定化技術を備えたドローンを開発するベンチャー企業の株式会社エアロネクストがCEATEC AWARD 2018の経済産業大臣賞を受賞しました。

2012年に始まった同賞の歴代受賞社はシャープ、京セラ、日本電気、パナソニック、富士通株式会社、日本電気&三井住友カードなどの大手企業で、ベンチャー企業、そしてドローン関連企業が受賞するのは今回の株式会社エアロネクストが初です。

CEATEC AWARD とは?

CEATEC AWARD 2018は、CEATEC JAPAN 2018に展示される技術・製品・サービス等の中から、出展者が事前に応募した出展品・案件について、「CEATEC JAPAN2018 審査委員会」が学術的・技術的観点、市場性や将来性等の視点から、イノベーション性が高く優れていると評価できるものを審査・選考し、表彰するものです。

総務大臣賞 | CEATEC AWARD

エアロネクスト製
『NEXT VR』の特徴

aeronext,Next VR

『NEXT VR』は、エアロネクストが特許を持つ独自の重心制御技術“4D Gravity(フォー・ディー・グラビティ)”を搭載した、VRカメラ用ドローンです。ドローンの機体の中心を縦棒がつらぬく「貫通ジンバル構造」により、カメラがローター(プロペラ)やモーターの傾きの影響を受けずに垂直を保てることを大きな特徴とし、これにより安定した飛行や耐風性能の向上も実現しているとのことです。

【動画】Next VR™ フライトテスト DRONE

エアロネクスト『NEXT VR』の
経済産業大臣賞授賞理由

搭載部と飛行部を接続する貫通ジンバル構造による独自の制御技術「4D Gravity」により、飛行部の傾き等の動作や姿勢が搭載部に影響しない独立した制御を実現。搭載部は常に水平を保つため、物の搭載・移動における信頼性・安全性が向上し、現行では限界のある産業利用の用途拡大や新市場開拓が期待される

プレスリリース|エアロネクスト

編集後記

各地のスタートアップイベントでアワードを受賞し、快進撃をつづけるエアロネクスト。今回受賞した『Next VR』のみならず、『Next VR plus+』という新型機体のデモ映像や『Next VTOL』のコンセプト映像なども公開しており、今後ますます注目のドローン企業です。

【動画】Next VR plus+ フライトテスト DRONE

【動画】Next VTOL フライトテスト DRONE

機体がカメラや積載物が「傾かない」のが特徴なので、大型化して人を乗せたら、乗り心地が良さそうですよね。“4D Gravity”搭載の『NEXT 乗れるドローン(?)』ができたら、ビバドロ編集部がまっ先に乗りに行きますので、よろしくお願いします。

新型ドローン『Mavic 2』が登場!


<Mavic 2シリーズ登場!>
DJIの最新型ドローンはハッセルブラッド製カメラ搭載の『Mavic 2 Pro』と『Mavic 2 Zoom』の2モデル!


» DJI Mavic 2シリーズをDJI公式ストアでチェック!



<コチラも注目!>


» Osmo Mobile 2をDJI公式ストアでチェック!


» Mavic AirをDJI公式ストアでチェック!


» Phantom 4 Pro V2をDJI公式ストアでチェック!


公式DJIストアをチェック!