ACSLとPhase One Japan、1 億画素超高解像度カメラ搭載のインフラ点検用ドローン提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

株式会社自律制御システム研究所(所在地:東京都江戸川区、代表取締役社長 兼 COO:鷲谷 聡之、以下「ACSL」)と Phase One Japan 株式会社(所在地:長野県佐久市、代表取締役社長:ヘンリック・ホコンソン、以下「Phase One」)は、Phase One の超高解像度カメラiXMシリーズをACSL が開発したドローン(ACSL-PF2)に搭載した、インフラ点検用ドローンの提供を開始しました。

超高解像度の空撮が可能に

インフラ点検用ドローンACSL-PF2

ACSL-PF2は超高解像度の空撮ができ、広い範囲を短時間で撮影し、空中写真測量の効率化が図れるインフラ点検用ドローン。接近困難なインフラ構造物を離れた位置から全体像を捉えつつ、一部分を拡大し精細に確認する事を可能とします。取得した高品質な画像は、三次元化や AI 判定などポストプロセッシング処理を短時間で実行する事も可能に。 ACSL は、国産の産業用ドローンを開発しており、物流、インフラ点検、災害等、様々な分野で採用されています。ドローンの制御を担うフライトコントローラを自社で開発し、セキュアで安心なドローンの社旗実装を実現してきました。

広範囲を精細に撮影可能

超高解像度カメラiXM 100MP

ACSL が多くの実績を有するプラント点検では、プラント外の配管や壁面をドローンに搭載したカメラを用いて遠隔操作で撮影し、撮影した画像から配管の腐食や壁面のひび割れ等を判断しますが、近接できない構造物を遠方から撮影する場合、画像の質が点検画像として使用できない場合がある等の課題がありました。

Phase One は、産業用カメラシステムおよびソフトウェアの研究・ 開発・製造をしているデンマークに本社を置くカメラメーカー。航空撮影による 3D マッピング、空中写真測量、送電線・送電線鉄塔、フレアスタック、橋梁やトンネルなど地上および空中からの構造物点検・検査、4バンド撮影による精密農業、マシンビジョン、国⼟安全保障、文化財のデジタルアーカイブなど様々なアプリケーションでシステムが活用されています。

Phase One の超高解像度カメラiXM シリーズは、ドローンで飛行しながらでも広範囲に精細な画像撮影が可能。地上からカメラの操作ができるため、空撮での点検や測量に適しており、ACSL のインフラ点検用ドローンに搭載することでより効率的な点検を可能とします。

ACSL-PF2の特徴

超高解像度カメラiXMシリーズを搭載したインフラ点検用ドローンACSL-PF2の特徴をご紹介していきます。

  •  1 億 5 千万画素および 1 億画素の超高解像度カメラを搭載することによる精密な画像撮影が可能
  • ドローンが自動航行で飛行している間でも、地上から露出調整ならびに任意のウェイポイント(あらかじめ決めておいた飛行ルートの地点)やインターバルでシャッターを制御することが可能
  • 三次元化や AI 判定などに最適なダイナミックレンジが広い高解像度画像を取得可能
  • アームとボディの一体成型により強度だけでなく防塵・防水性能が向上 ※カメラは iP53 適合




2021.01.20