災害救助用AIドローン誕生!!『D-HOPEシリーズ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

災害救助用ドローン『D-HOPE』

近年、日本では豪雨などの自然災害が続いています。そのような中で災害時のドローン活用が注目を浴びています。ドローンであれば、瞬時に被災地の現状を空から把握することができ、遭難者の捜索や現場を撮影・録画することが容易にできます。

『D-HOPE』シリーズは筐体は東レのT800、カメラをソニー、モータは日本製を使用しています。今後は最終アッセンブルを日本で実施し、国産化するとともに、データの管理も国内通信会社に完全委託する方針です。

D-HOPE シリーズ

ペイロード最大飛行時間耐風性能防塵・防水
D-HOPE I6kg1時間14.8m/sIP64
D-HOPE II4kg24時間14.8m/sIP64
D-HOPE lll25kg1時間14.8m/sIP64

搭載アタッチメント一覧

◾︎HD &赤外線カメラモジュール

◾︎36倍ズーム暗視カメラモジュール

◾︎4K30倍ズームカメラモジュール

◾︎多機能カメラモジュール

◾︎救援物資投下モジュール

◾︎物資輸送ウインチモジュール

◾︎5カメラモジュール

◾︎消火剤投下モジュール

◾︎救助ボートモジュール

◾︎空中照明モジュール

◾︎気体探知モジュール

◾︎水上緊急救命モジュール

◾︎警告ライト付拡声器モジュール

◾︎救命胴衣投下モジュール

◾︎ロボットアームモジュール

◾︎空中ネット捕獲モジュール

GCS機能付き専用プロポ

とことん軽量化を目指し、持ち運びが容易にできるGCSを内蔵しています。ワンタッチで飛行開始、帰還、ホバリング、起点更新、自動帰還可能。プロポ本体にも様々な機能を搭載しており、指令センター、指令車など多種多様なジョイント、モニター切替の対応可能です。

本記事を読んでD-HOPEシリーズが気になった方は株式会社センチュリーをぜひチェックしてみてくださいね。




 

2020.10.24