【2020年最新】360度カメラ購入ガイド決定版!初心者にもおすすめの人気機種5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


360度カメラは従来のカメラと違い、名前の通り360度、どの角度も逃さず撮影できるカメラです。登場当初は様々なメーカーが参入、新製品の投入も活発でしたが、最近ではそれもひと段落。「とりあえず」というようなモデルは減り、より実用に即したモデルが出てきています。今回は最新モデルにしぼり、5つオススメをご用意しました。

2020年最新360度カメラおすすめ5選

【RICOH】THETA SC2

登場から7年目のTHETAシリーズ最新モデルです。最上位機種に2019年5月発売のZ1が存在しますが、こちらの目玉はなんといってもその価格。Z1が約13万円なのに対し、SC2は約3万7千円の低価格となっています。

360度カメラの入門モデル!RICOH THETA SC2を徹底解説【本日発売】

それでいて前機種で分かりにくかったカメラの状態がモニター表示で分かりやすく撮影性能の向上セルフィー専用ボタン追加など、より使いやすくなりました。F値も2.0と他社の機種と比べても見劣りしない明るさ撮影時のプリセットも豊富なので、カジュアルに使うのであれば、これを買っておけば間違いないでしょう。

【Insta360】ONE R TWIN EDITION

メーカー名からも分かるように、360度カメラに注力してきたInsta360が送り出した決定版。360度カメラとしては珍しく、レンズ交換に対応しています。『4K広角撮影』『360度撮影』『ライカと共同開発の5.3K広角撮影』用のモジュールがあり、360度撮影用もレンズモジュールは、TWIN EDITIONにのみ付属しています。

カスタム自由なアクションカメラ/360度カメラ『Insta360 ONE R』登場!#コスパ最強

各モジュールが正方形のため、液晶ディスプレイの小ささが少し気になるものの、その拡張性には目を見張るものがあります。標準アプリが優秀で、テンプレートを選ぶだけでAIが編集してくれるのも嬉しいポイント

撮った動画が溜まってしまいがちな方にもオススメです。レンズ単体の販売も予定されているので、360度カメラとしてのみ使いたい場合は、そちらを待っても良いかもしれません。今後の拡張に期待が高まる一台です。

【GoPro】GoPro MAX

アクションカメラの存在を世に知らしめたGoProの360度カメラです。前機種のFusionから大きく進化し、気軽に導入できるようになっています。大きく変化したのは以下の三点。一番の難点だったSDカード必要枚数が2枚から1枚に。他の機種に比べて重量があったのが、サイズ縮小と共に少し軽く

そして編集アプリがとても使いやすくなりました。本体のリモート操作はもちろん、動画編集、静止画を織り交ぜたショートムービーまで自動で作成してくれるのです。SNSへの投稿まで一貫して行えるのは、他社と比べて大きなアドバンテージでしょう。

それからGoPro MAX自体の機能ではありませんが、GoPro PLUSという月500円~の無制限クラウドストレージも提供されていますGoProの保険やアクセサリーの割引も兼ねているので、ハードな使用を想定している場合は、合わせての加入がオススメです。

【Kodak】SP360 4K

四角いボディーと天面のレンズが特徴的な360度カメラです。本体はコダックカラーだった前機種から一転、シックなブラックに。画質も大幅に向上しました。撮影データは半球面で、一般的に想像する360度カメラらしい映像を撮ることができます。

アクションカメラとしての側面が強く、何かに固定したり、地面に置いたりといった使い方が主流です。USB接続で高性能なウェブカメラとしても使用できるので、落ち着いた見た目と相まって、オフィスでも活躍の場が。本体だけでも防塵・防滴仕様がついているのも嬉しいです。

【GARMIN】VIRB 360

高機能かつパワフルに使用したいのであれば、間違いなくオススメの360度カメラです。多数のウェアラブル機器やアウトドア用品を出しているアメリカのガーミン製なので、耐久力は折り紙つき

無骨な見た目に反して160gと非常に軽く、手振れ補正も良好です。発売から2年以上経っているため後継機の登場も話題に上がるものの、未だに存在しないのはVIRB 360がいかに優れたモデルであるかを示しています。

そして成熟しきっているので、アクセサリーも非常に豊富!他社製品と比べて機能も見劣りせず、これといった不足もないため、多少値段の下がってきた今が一番の買い時ともいえるでしょう。

編集後記

360度カメラは登場当時、その絵面のインパクトから、持っているだけで珍しがられる製品でした。現在では動画サイトやSNSで目にすることも多くなりました。メーカーによって本当に多種多様なモデルが出ているので、購入の際は性能比較が重要となってきます。安価だから、高価だからと値段で決めず、用途にあったカメラを見つけてくださいね。




2020.02.05