【2019年最新】アクションカメラ購入ガイド決定版!初心者にもおすすめの人気機種10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DJI,Osmo Action,オズモアクション,フロントディスプレイ

<最新記事>


アクションカメラは最先端を突っ走る!

インスタでよく見るようなライブ感にあふれた写真や動画を撮影したい! レジャーに行った際に印象的な動画を制作したい!そう思ったら今すぐアクションカメラをチェックしましょう。スポーツだけでなく旅行の際の町歩きやICレコーダーとしても使える万能カメラは、小型で持ち運びしやすく様々なシーンで大活躍します

この記事では2019年アクションカメラ購入ガイド決定版!として、王道・スペック重視・コスパ重視それぞれのジャンルを混ぜた10個のカメラをランキング付きでご紹介します。

アクションカメラを選ぶポイント

アクションカメラは種類も多く、ショップの売り場に並ぶモデルを見てもどれを選べばいいのかわからない、というのも無理もありません。

まずアクションカメラを選ぶときに注意したいことはアクションカメラとしての性能とデジタルカメラとしての性能を分けてチェックすることです。

自分が欲しいと思うアクションカメラをイメージしたうえで、購入候補モデルを絞っていくようにすると選びやすいですよ!購入の際に重視するポイントを3つに絞りました。

・解像度&フレームレート

・手ブレ補正機能

・価格帯

上記の3つを順番に詳しく説明したいと思います。

解像度&フレームレート

アクションカメラを購入する際に最も大事なのが『解像度』と『フレームレート』についてです。この解像度とフレームレートはメーカーごとに表記が微妙に違います。

アクションカメラの解像度は、HD(1270×720)・フルHD(1920×1080)・4K(3840×2160)の3種類あり、フルHDが標準的な画質の基準となります。

より高画質で撮影したい方や動画編集で高度な編集をしたい方は、画質劣化の少ない4K対応モデルを選ぶ事をおすすめします。

フレームレートとは、1秒間に記録できる静止画のコマ数のことを指します。このフレームレートの数値が大きければ大きいほど被写体の動きが滑らかになり、激しいスポーツをい撮影した際に非常に美しい映像になります。

高速に動く被写体を滑らかに撮影したい場合は60fpsに対応モデルがおすすめです。

120fpsや240fpsなどのハイフレームレートに対応したモデルであれば編集でスローモーション動画を作ることも可能。作りたい映像のイメージに合わせてフレームレートの数字を比較すると良いでしょう。

手ブレ補正機能

撮影ミスを減らしてくれる手ブレ補正機能は「光学式」「電子式」の2種類に分けることができます。通常のデジタルカメラに多いのは「光学式」で、画質を美しいままに撮影してくれます。

「電子式」は「光学式」と比べると、やや画質は劣化してしまいますが、構造がシンプルなためサイズをコンパクトにすることが可能。価格も安価に抑えることができます。

価格帯

アクションカメラは5,000円〜50,000円が相場となっています。

レジャースポーツやバイクに取り付けて楽しみたい方は、ここから更に備品を揃える必要があります。主に必要とされる備品は以下の通りです。

・予備バッテリー
・SDカード
・自転車などに取り付けるためのマウント
・動画編集ソフト

アクションカメラに加えて、揃えたい備品も合わせた金額で比較すると良いでしょう。

アクションカメラおすすめモデル10選

HERO 7 Black

HEROシリーズの最上位機種。ライブ ストリーミング撮影が可能なのはHERO7 Blackのみ。ジンバル搭載とかわらないスタビライザー機能でなめらかな動画が撮影できます。そのほか抜群の手振れ補正機能「HyperSmooth」、撮影場面を自動分析して最適な画像処理をおこなってくれる「superPhoto」、数時間の動画を数分間にダイジェスト編集してくれる「TimeWarp ビデオ」などの機能は利用できます。

値段を確認する▶

HERO 7 Silver

HEROシリーズの中位機種として位置づけられたHERO7 Silverは、GoProの魅力を体感するには最適なモデルです。HERO7 Blackが持つ高精度の手振れ補正機能「HyperSmooth」は搭載していないものの、HERO6 Blackと同水準の手ブレ補正機能があり、十分効果を実感できます。ショットはスワイプ、モード選択はタップで切り替えられる操作性のよいタッチスクリーンもGoProカメラの魅力です。

値段を確認する▶

HERO 7 White

HEROシリーズを初めて使うGoPro初心者のかたにおすすめしたいお手頃価格が魅力のモデルです。Silverと比較すれば動画画質は落ちるものの静止画像の画質は同じです。また、音声コントロールや10m防水ほか基本的な性能は同レベル。コスパのよい機種であるといえるでしょう。

値段を確認する▶

RICOH THETA Z1

2019年5月に登場したRICOH THETAシリーズの最上位機種の全天球アクションカメラ。2300万と言いう驚異の画素数を誇り、ビジネスユースとしても十分なスペックです。有機ELパネルが搭載されているので、カメラ本体で設定情報や撮影残り枚数の確認ができるようになりました。アプリの操作を覚えなくてよいので初心者の方にもおすすめです。

値段を確認する▶

Translate »