ドローン職種転職サイト Sky Agent

ドローン職種転職サイト Sky Agent

ドローン職種転職サイト Sky Agent

殺人AIドローン動画に込められた「人類への警告」

2017.11.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スローターボッツ,脳を撃つぬく殺人ドローン


画像出典:Slaughterbots

「謎の小型ドローンがアメリカの議会や大学で大量虐殺を繰り広げる」というストーリーの短編映画『Slaughterbots(スローターボッツ)』がYouTubeで公開され、2日間で再生回数が20万回を超えるなど話題を呼んでいます。

Slaughterbotsのストーリー

この作品は「自律飛行できる小型のAI搭載ドローンが顔認識技術を使って事前に設定したターゲットを殺害できるようになった」という設定から始まる「近未来SF」です。そして、この「殺人ドローン」がテロリストの手に渡ったことから起こる恐怖が描かれ、最後には……。

殺人ドローン誕生

聴衆を前に舞台でプレゼンテーションを行なうテック企業のCEOらしき人物。

スローターボッツ,プレゼンをする男

彼が誇らしげに発表している「製品」はAI搭載の殺人ドローン。

スローターボッツ,殺人ドローン

ターゲットの頭部を狙い突撃……

スローターボッツ,殺人ドローンの仕組み

接触と同時に高性能爆薬を炸裂させて殺害するという「兵器」です。カメラに顔認識とAIによる自動制御が行えるため、事前に設定した相手を容赦なく「排除」することができます。

スローターボッツ,脳を撃つぬく殺人ドローン

中型のドローンと共に行動し、ブリーチング(ドアや壁を破っての突入)などのサポートを受けることも可能。

スローターボッツ,ドローン編隊

輸送機から「散布」することで特定の範囲にいる敵を狙うといった使い方もできます。

スローターボッツ,飛行機から殺人ドローンを散布

〜 おすすめ記事 〜

テロの恐怖

ドローンが悪用され、アメリカ議会が襲われた、というニュースが流れています。

スローターボッツ,被害者

場面変わって……

「スカイプ」のようなビデオ通話で母親と話をする男子学生。

スローターボッツ,大学生男子

たわいのない会話の中で、息子のSNSに投稿があったビデオを怪訝な顔で見る母親。他の投稿とは異なり、何か「政治的な」内容のようですが……

スローターボッツ,大学生男子の母親

そんな、男子学生のいる学校にも迫る殺人ドローンたち……

スローターボッツ,殺人ドローン目線の映像

中型のドローンが壁に取り付いてブリーチングをした後、小型のドローンがなだれ込んできます。

スローターボッツ,襲い来る殺人ドローン

教室に侵入する殺人ドローン!

スローターボッツ,殺人ドローンが大学の教室に侵入

絶対絶命。

スローターボッツ,ドローンを見て驚く男子学生

/ガタッ\

哀れな男子学生はあっけなくドローンの餌食になってしまいました。

スローターボッツ,カメラ越しに殺されてしまった男子学生を見る母親

〜 おすすめ記事 〜

ドローンテロの背景

前代未聞のドローンテロを報じるニュース。テロップには「最新情報:8,300人の学生が殺害。12の大学が攻撃を受けた」と書かれています。

スローターボッツ,ニュース映像

別の番組では「被害者はソーシャルメディアへの投稿が原因で狙われた?」とのテロップ。

スローターボッツ,被害者はSNS投稿が原因

どうやら、先の男子学生のように「テロリストにとって不都合な投稿した人物」のプロフィールをソーシャルメディアから抽出して、そこから得られた大量の「ターゲットリスト」に対して殺人ドローンを放つ、というテロだったというのがこの事件の概要のようです……。

この短編映画がつくられた理由

映像の最後に突然あらわれる男性。彼はUCバークレー(アメリカの名門校の1つ)の教授で、35年以上にわたりAIを研究してきたという人物です。

スローターボッツ,背景を説明

この動画を通して彼らが伝えたかったメッセージは以下の通り。

このショートフィルムは単なる作り話ではありません。ここでお見せしたのは、私たちの社会が既に持っている軍事技術を組み合わせたものです。AIは社会にとって、大きな利益を与えるものですし、軍事防衛においても同様です。

しかし、「機械が人を殺す」という選択肢を与えることは、私たちの安全保障と自由に壊滅的な結果をもたらします。

私たちは「あなたが今見た未来」が現実のものとなることを防げます。しかし、そのチャンスはすぐに失われてしまうでしょう

まとめと感想

というわけで、AIの研究者が「AIを兵器に使うことの危険性」を訴えるために制作した、というのがこの短編映画がつくられた理由でした。

核兵器や科学兵器のような高度な技術ではなく、火薬以外は、市販品にも使用される技術の寄せ集めで実現できそうな姿で殺人ドローンが描かれているのがこの作品の怖いところですね。

本編は全て英語ですが、約7分でサクッと見られるので、ぜひ、以下のリンクからチェックしてみてください。

Slaughterbots

参考記事 » CNN.co.jp : 自律ドローン集団が大量殺人、短編映画が描く戦慄の未来

〜 おすすめ記事 〜


【免責・注意】
※ 本ページは記事作成時点の情報をもとに作成しています。
※ 本サイトに掲載された情報を利用したことによる損害、損失などについては責任を負いかねます。
AIドローンが人による大量虐殺を描く短編映画が作られた本当の意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Twitter・RSSリーダーで更新情報を受け取る