ドローン飛行許可・承認 申請代行が3万円から!

日本国内でのドローンの利用には制限があり、航空法などに基づいた飛行をすることが求められます。そのため、人口集中地区や夜間の飛行は、国土交通省に申請をした上で、事前に許可や承認を受ける必要があります。

お電話でのご相談、うけたまわります!

申請代行,電話

24時間受け付けの お問い合わせフォーム

※ 必須項目
※ 必須項目
※ 必須項目

国土交通省の許可・承認が必要なドローン利用方法の例

ドローン,航空法で制限されている飛行場所

ドローン,航空法で制限されている飛行方法

無許可・承認なしでの飛行は罰せられる

上記のケースに当てはまるにも関わらず無許可でドローンを飛ばすことは違法であり、50万円以下の罰金が課される可能性があります。例え「うっかりミス」であっても許されることではないため、十分に注意が必要です。

航空法には「無人航空機の飛行等に関する罪」として違反者に対して「五十万円以下の罰金に処する」と明記されており、無許可飛行により逮捕された事例も報道されているため、ドローンを適法に運用するため利用者の細心の注意が必要です。

»参考 無許可でドローン飛ばした疑い福岡で全国初の逮捕者

ドローン飛行申請代行のご利用はこんな方におすすめ!

けれども、この申請手続きは初心者には難しく「どこまで手続きをすれば違法にならないのか?」といった事を俯瞰的に見て一発で理解することは容易ではありません。また、申請作業そのものに慣れないとかなり多くの時間を取られてしまうのは事実。もちろん、独学・自力で行なうことは不可能ではありませんし、手続きを自身で行なうことで学べることも多いといったメリットは少なからずありますが、不慣れな場合は時間的に効率が良い方法とは言い難いでしょう。

そこで、ドローンの飛行許可・承認が必要なケースに当てはまる場所や方法でフライトを行ないたい場合は、申請代行の利用がおすすめ。さらに、以下のリストに当てはまる方は、特にご利用いただくメリットが大きいはずです。

  • 初めてだから何をして良いかわからない
  • 自分で申請をする時間がない
  • 書類作成がめんどくさい

上記このような例が1つでも当てはまるなら、ズバリ申請代行を利用するのが最も効率が良い方法。経験豊富な専門家「行政書士」が書類の作成するから安心・確実・手間なしの申請代行を是非、ご利用ください!

ドローン飛行申請代行 価格一覧

基本プラン(1)
30,000円(税抜)

  • 全国人口集中地区
  • 操縦者1名、機体1台

基本プラン(2)
50,000円(税抜)

  • 全国人口集中地区、夜間、目視外、30m以内
  • 操縦者1名、機体1台

セットプラン(1)
70,000円(税抜)

  • 全国人口集中地区、夜間、目視外、30m以内
  • 操縦者1名、機体1台
  • 国交省への3ヵ月毎報告1年代行付

セットプラン(2)
100,000円(税抜)

  • 全国人口集中地区、夜間、目視外、30m以内
  • 操縦者5名、機体5台
  • 国交省への3ヵ月毎報告1年代行付

追加オプション

  • 国交省への3ヵ月毎報告1年代行:30,000円(税抜)
  • イベント上空:30,000円(税抜)
  • 操縦者1名追加:5,000円(税抜)
  • 機体1台追加:5,000円(税抜)
  • 農薬散布許可:50,000円(税抜)
  • 空港周辺での飛行許可:50,000円(税抜)
  • 150メートル以上の高さの飛行許可:50,000円(税抜)


※ 価格は事情により予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

ご依頼はコチラからどうぞ

電話窓口

申請代行,電話

24時間受け付けの お問い合わせフォーム

※ 必須項目
※ 必須項目
※ 必須項目

申請代行をご利用の際のお願いと注意点

※ 日本全国どこでも対応いたします ※ 10時間以上のドローンフライト経験のある方が対象です。 ※ 総重量200グラム以上の機体が対象です。


<最新記事リスト>



◆|「いいね」でビバ!ドローンの応援をお願いします|◆



<人気記事リスト>