ドローン職種転職サイト Sky Agent

ドローン職種転職サイト Sky Agent

ドローン職種転職サイト Sky Agent

【ドローンに関わる法律】航空法や条例、ルールをわかりやすく解説!

2017.12.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DJI製ドローン,Phantom 4 Pro,電源をオンにした状態

 ドローンを日本国内で利用する場合には、航空法を始めとするさまざまな法律を遵守しなければなりません。そこで、この記事では「ドローンに関わる法律は何? どれだけあるの?」という素朴なギモンを解消するべく、ドローンに関連する情報をまとめてみることにしました。


【記事更新日:に公開】

サクッとわかる!
ドローン利用時に確認するべきおもな法律一覧

それぞれの法律の詳細に入る前に、全体像をイメージするためにドローン利用時に確認するべきおもな法律の一覧をごらんください。

  • 航空法
  • 小型無人機等飛行禁止法
  • 道路交通法
  • 民法
  • 電波法
  • 都道府県、市町村条例


※  上記の他にも、ドローン利用時には河川法、港則法、港湾法、自然公園法が関わってくる可能性がありますが、法律に「ドローン」や「無人機」について明確に定めた部分はないため、原則として飛行の際は都度、個別に管理者へ事前の相談と確認をし、調整をするという流れになります。


※ ドローンの利用に際しては法律以外にも「マナー」を守ることも求められます。ドローン利用者以外への配慮も怠らないようにしましょう。

それでは、さっそく、各法律の詳細についてチェックしてみることにしましょう。

ドローンに関わる法律まとめ

高画質カメラを備えたプロ用空撮ドローン

ドローンに関わる法律
 航空法

航空法を管轄する国土交通省が公開している『改正航空法概要ポスター』がイラスト付きでわかりやすく、ドローンに関わる航空法をサクッと理解するためにおすすめなので、まずはそちらをご覧ください。

一発でわかる!
イラストで見るドローンと航空法

航空法によるドローン飛行場所のルール

航空法によるドローン飛行方法のルール

ドローンに関わる航空法のルール

上記のイラストの内容を箇条書きにすると以下の通りです。

飛行禁止空域

以下の3パターンに該当する場合は、原則ドローンの飛行は禁止で、飛行させたい場合は国土交通省への手続きを経て許可を受ける必要があります。

  • 空港周辺
  • 150m以上の上空
  • 人家の集中地域

上記の「空港周辺」と「人家の集中地域(通称DID)」に該当するかどうかは国土地理院が提供する地図(通称:地理院地図)で確認できます。地理院地図をチェックした際のイメージは以下の通りで、赤くなっている場所が制限エリアです。

地理院地図,ドローン飛行制限エリア,人口集中地区

なお、地理院地図へは下記のリンク先からアクセス可能です。

地理院地図(人口集中地区・空港等の周辺空域)

飛行の方法

ドローンの飛行に際しては以下のルールを守る必要があります。

  • 日中での飛行
  • 目視の範囲内
  • 距離の確保
  • 催し場所での飛行禁止
  • 危険物輸送の禁止
  • 物件投下の禁止

上記以外の場合、例えば「夜間の飛行」「目視範囲外での飛行」などに該当する場合は、国土交通省への手続きを経て承認を受ける必要があります。

申請先についてはこちらの記事、申請方法についてはこちらの記事をごらんください。

航空法に違反したらどうなる?

航空法では「無人航空機の飛行等に関する罪」が定められており、これに該当するとされた場合は五十万円以下の罰金に処するとされています。

過去には実際に航空法に違反した人物が逮捕される事例も発生しており、ドローンに関する規制に違反する悪質な行ないをした場合には厳格に処罰されることが明らかになっています。

無許可でドローン飛ばした疑い 福岡で全国初の逮捕者

航空法の対象外になる機体

航空法には以下の通り記載があり、200グラム未満のドローンは規制の対象外であることが明記されています。

飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

飛行ルールの対象となる機体|国土交通省

なお、「機体本体とバッテリーの重量の合計」が200グラム未満となっている点には注意が必要で「本体のみで199グラム、バッテリーを付けると200グラムを超える」というような場合は規制対象になってしまうので要注意です。

〜 おすすめ記事 〜

ドローンに関わる法律
 小型無人機等飛行禁止法

 

小型無人機等の飛行禁止法」は、 国会議事堂や内閣総理大臣官邸、外国公館、原子力事業所の周辺地域を飛行禁止空域と定めています。また、例えば「米国大統領の来日時などの特定のイベント」の際には、大統領の宿泊施設周辺などが飛行禁止エリアに指定される場合があります。

ドローンに関わる法律
 道路交通法

道路交通法(道交法)は第七十七条で「道路において工事若しくは作業をしようとする者」に対して「道路使用許可申請書(申請料2,100円)」を管轄の警察署に提出し、事前に許可証を取得しなければならないと定めています。道路上や路肩などでドローンの離着陸を行う場合はこのケースに該当するため申請が必要です。また、道路を通行する車両に影響を及ぼすような低空を飛行する場合も同様の許可が必要です。

ドローンに関わる法律
 民法

民法(第三章 第一節 第一款)では私有地の上は300メートルを上限に所有者の権利が及ぶと定めています。そのため、だれかの私有地の上空でドローンを飛ばす場合はその土地の所有者や管理者の許諾を得る必要があります。

なお、私有地には電車の駅や線路、神社仏閣、観光地、山林なども含まれるため、これらの場所で所有者の許可なくドローンを飛ばせません。

ドローンに関わる法律
 電波法

ドローンの操縦には電波を使用するため、他の装置との混線などを防ぐため「特定無線設備の技術基準適合証明(通称:技適)」の取得が義務付けられています。DJIやParrotなどの大手メーカーの正規販売代理店が販売するドローンは技適通過済のため問題ありませんが「海外でドローンを購入して持ち帰った」というような場合は技適を通過していない機体である可能性が高いため要注意。技適未取得の機体に関しては、飛行させない、電波を発する状態にしない、というルールを守りディスプレイ(観賞用)などとして利用するようにしましょう。

技適の概要については、以下の総務省のウェブサイトからの引用をご覧ください。

電波は多くの人が利用しており、現在の社会生活に欠かすことのできない重要なものですが、電波は有限希少ですので効率的に使って頂くために、使用するチャンネルや送信出力、無線機の技術基準など様々なルールが設けられています。技適マークが付いていない無線機の多くは、これらのルールに従っていません。このような無線機を使用すると、知らずに他人の通信を妨害したり、ひいては社会生活に混乱を来すことになりかねません。

総務省 電波利用ホームページ | 技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

〜 おすすめ記事 〜

ドローンに関わる条例

ドローンを操作するプロフェッショナルオペレーターのイメージ

ここまでご紹介してきた法律は日本全国どこでも当てはまるものですが、それとは別に都道府県条例や市町村の条例によりドローンの利用が禁止されたり、制限されたりしている場合があります。

ドローン利用を禁止する条例の例

都立公園もドローン使用禁止 都、81カ所に通知 |日経新聞  

県立都市公園内でのドローン禁止の掲示について|千葉県庁

公園・公共施設 よくある質問|相模原市

内容は各地域によってまちまちなので、都道府県や市町村が管理する場所でドローンを利用する場合は事前に確認をするようにしましょう。

ドローンに関わる法律以外の要注意ポイント

離陸を待つ自作ドローン

法律に明記された禁止事項でなくても、ドローンを利用する上で避けるべきことや注意すべきことが存在します。ここでは、国土交通省のウェブサイト内の航空:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールに記載のある「無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン」から、要注意ポイントをご紹介します。

  • 高速道路や新幹線等に、万が一無人航空機が落下したりすると、交通に重大な影響が及び、非常に危険な事態に陥ることも想定されます。それらの上空及びその周辺では無人航空機を飛行させないでください。
  • 鉄道車両や自動車等は、トンネル等目視の範囲外から突然高速で現れることがあります。そのため、 それらの速度と方向も予期して、常に必要な距離 (30m)を保てるよう飛行させてください。
  • 高圧線、変電所、電波塔及び無線施設等の施設の付近では、電波障害等により操縦不能になることが懸念されるため、十分な距離を保って無人航空機を飛行させてください。

上記の他に、注意すべきケースとして、一般道の上空を飛行するケースが挙げられます。道路や歩道を専有していなくても、近隣住民からの通報などでトラブルになる可能性も否定できないため、管轄の警察署に事前に一報を入れるのがおすすめです。これにより、周囲の状況などについてアドバイスがもらえる可能性があるだけでなく、現地でトラブルが起こった際にも状況が深刻化するのを防げる可能性があります。なお、道路上で撮影をする場合に他人の車を無断で追尾して撮影するなどした場合はプライバシーの侵害とみなされる可能性がありますので、くれぐれも不用意に周囲の人に不快感や不安を与える方法でドローンを飛ばすことがないようにしましょう。

最後に、これは当たり前過ぎるとかもしれませんが……アルコールを摂取した(酔った)状態や、風が強い状況下や機体に損傷がある場合も飛行しないよう注意喚起がなされていますので、このようなケースに該当する場合も飛行を控えるようにしましょう。

〜 おすすめ記事 〜

ドローンに関わる法律
わからない時はまずココに聞こう!

下記の国土交通省の電話対応窓口(無人航空機ヘルプデスク)は、同省が管轄する航空法についての問い合わせに対応するためのものですが、無人航空機の利用に関する全般的な質問をすることも可能です。もちろん、マナーとして「調べればすぐわかること」や「あまりにも無関係なこと」を聞くのはNGですが、どこに問い合わせるべきかわからないことがあれば、ここに問い合わせると適切な問い合わせ窓口などを紹介してもらえることが多いです。

なお、筆者の個人的な見解ですが、実際に無人航空機ヘルプデスクに電話をしてみると、とてもていねいに質問に回答していただけることが多く、プロフェッショナルな対応に有り難いと感じたことが多いです。ドローン利用に関するルールの理解が不確実なまま飛行されることは周囲の危険につながるばかりか、操縦者自身が罰則を受ける可能性もあるシリアスな問題ですので、あいまいな部分があれば「まぁ、いいか」で済ませることなく確認をすることを強くおすすめします。

まとめと所感

ハイエンド空撮ドローン

空撮や点検、測量、リモートセンシング、物流などの幅広い用途への利用が期待されるドローンですが、イベントでの事故などによりその利用を不安視する声が挙がっているのも事実です。悪いニュースが続けばより厳しい規制がかけられたり、ドローンが利用できる範囲が狭まる可能性があり、ひいては日本でのドローン活用が滞ることにすらなりかねません。そのような事態を防ぎ、仕事や趣味にめいっぱいドローンを利用するためにも、この記事を法律や条例を知り、安全にドローンを運用するための参考にしていただければ幸いです。

〜 おすすめ記事 〜


【免責・注意事項】
※ 本ページは記事作成時点の情報をもとに作成しています。
※ 本サイトに掲載された情報を利用したことによる損害、損失などについては責任を負いかねます。
※ 本記事に記載の画像は商用利用可、帰属表示不要のフォトストックサービスから取得しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Twitter・RSSリーダーで更新情報を受け取る