インテルが有人ドローンのデモ飛行をCESで披露! #動画あり

2018.01.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インテルが開発に協力中のドローン,CES 2018でデモ飛行


画像出典:Intel's CES 2018 event in 15 minutes、以下同じ


<最新記事>



インテルが開発を支援するドローン
VolocopterがCES 2018でデモ飛行を披露!

半導体メーカー大手インテルがCES 2018の基調講演で人を乗せて飛ぶドローンのデモ飛行を行いました。

数百人規模の聴衆の前で飛ぶドローン『Volocopter(ヴォロコプター)』。インテルがモーターコントローラーなどの開発を支援している機体です。

インテル,Volocopter,CES2018での飛行

『ザ・ヴァージ』のYouTubeチャンネルで公開されているデモ映像のダイジェストはこちら。ちなみに、デモ飛行では流石に人は乗せておらず、客席との間にも仕切りがある状態で行なわれていたようです。

こちらはCGイメージ。「ドバイでのドローン・タクシー」といった用途が想定されています。

インテル,Volocopter,イメージカット

開発に参加しているインテルのエンジニアによれば、同社は「ドローンのフライトコントローラーを10年以上に渡り開発してきたと」のことで、「ハードウェアのみならず、ソフトウェアの冗長化でも高い安全性を実現している」そうです。

インテル,Volocopter

インテル製のフライトコントローラーは座席の背後に格納されています。

インテル,Volocopter,整備の様子

こちらはモーター・コントローラー。コントロールループの中で安定性に関わる重要な役割を担う部品。軽量性もにも優れており、機体の重量を減らし分積載重量を増やすことにも貢献しています。

インテル,Volocopter,モーターコントローラー部品

屋内でテスト飛行をするVolocopter。

インテル,Volocopter,飛行する様子

同機にはインテルCEOのブライアン・クルザニッチ(@bkrunner)氏も搭乗し、フライトを体験しています。ちなみに飛んでみた感想は「ファンタァァァスティック。これまでで、イチバンのフライトだよ」とのこと。

Intel Shootin Star Mini
インテル・シューティングスター・ミニ

さらに、インテルは小型のドローン『シューティングスター・ミニ』も基調講演に登場させています。

インテル,シューティングスター,ミニ,CEO

こちらが『シューティングスター・ミニ』。非GPS環境下でも優れたセンシング能力により安定した飛行が可能で、室内における世界記録となる100機での一糸乱れぬ群体飛行を披露しています。

インテル,シューティングスター,ミニ

その名の通り、流れ星の様に輝きながら飛行する様子が以下の動画で見られます。



◆ー| いいね!でビバ!ドローンの応援をお願いします! |ー◆


編集後記

インテルはCES 2018の基調講演で自動運転車や量子コンピューター、次世代映像技術と並びドローンへの取り組みを強くアピールしていました。さらに、同イベントではインテル製プロセッサを搭載し、DJIが開発に協力し、Ryze Roboticsが製造するトイ・ドローンも発表され話題を集めています。

半導体の巨人がいよいよ本腰を入れてきたドローン。こうなると人を乗せて飛ぶ機体が、私たちの街の上を飛ぶ日もそう遠くないかもしれませんね。


<最新記事リスト>






<免責事項と補足情報>

  • 本ページの掲載内容は記事作成時点の情報をもとに作成されています。
  • 掲載された情報を利用したことによる損害、損失などについては責任を負いかねます。
  • 掲載画像の一部は商用利用可、帰属表示不要のフォトストックサービスから取得しています。
  • 記載のリンクから製品等を購入された場合、売上の一部が当社に還元される場合があります。