真空の中でドローンは飛べるのか? #実験動画

2017.11.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

真空チェンバーとドローン

真空状態の中でドローンは飛べるのか? この素朴なギモンに実験で答える動画がYouTubeの『The Action Lab』チャンネルで公開されています

真空容器の中でドローンは飛べるのか? 実験開始!

まずは、室内でドローンを飛ばして正常に飛行できることを確認。

通常の室内で飛行テストをするドローン

実験に使用しているのは透明なアクリル樹脂でできた容器で、接続した真空ポンプを使って空気を抜いていくことで真空状態を作り出します。なお、真空といっても「超高真空」ではなく、低真空から中真空程度までの減圧のようです。

真空容器の中にドローンがセットされました。この中で飛行させながら、徐々に容器の中の空気を抜いていきます。

真空チャンバーに入ったドローン

容器の壁にぶつかりながらも、最初のうちはちゃんと飛行できています。

真空チェンバーの中を飛ぶドローン

容器の中の空気が抜け真空状態になると、ローターがいくら回っていても飛ぶことができません。

真空状態の中で飛行できなくなったドローン

プロポのスティックを倒しきってフルスロットル状態にしてもドローンは地面にとどまったままです。

真空状態の中ではフルスロットルでもドローンは飛行できない

実験動画の全編

真空状態の中でドローンを飛ばす実験を行なっている動画の全編は以下でご覧いただけます。

What Happens When You Put A Drone In a Vacuum? Can It Still Fly?

まとめ

ドローンなどのローターを備えた機体は空気を下に押し出すことで揚力を発生させているため、空気が薄い場所では飛行できません。

ある程度ドローンの仕組みがわかっている人からすれば、この実験の結果は当たり前過ぎるものかもしれませんが、何事も試してみることは大事。理屈はわかっていてもこうして改めて動画で見ると、ドローンが飛ぶ仕組みへの理解が深まりますね。






<免責事項と補足情報>

  • 本ページの掲載内容は記事作成時点の情報をもとに作成されています。
  • 掲載された情報を利用したことによる損害、損失などについては責任を負いかねます。
  • 掲載画像の一部は商用利用可、帰属表示不要のフォトストックサービスから取得しています。
  • 記載のリンクから製品等を購入された場合、売上の一部が当社に還元される場合があります。