Mavic-Air-dji-store

「ドローン基地局」がプエルトリコで実用化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ATT,ドローン基地局

米国通信大手のAT&T社がドローンでモバイル通信ネットワークの基地局を代用する試みをハリケーン「マリア」の被災地プエルトリコで行ったとロイターなどが報じています。

 » FAA approves AT&T drone in Puerto Rico for cellular service:Reuters

有線ドローンが携帯電話の基地局になる

The Pulse Vapor 55 drone functions like a cell tower in the sky, providing voice, data and internet service, the FAA said. It flies up to 200 feet above the ground, covering an area of 40 square miles.

『Pulse Vapor 55』というドローンは空中でモバイル通信ネットワークの基地局のように機能し、音声、データそしてインタネットサービスを提供すると連邦航空局は話しています。また、ドローンは約60メートルの高さを飛行し、周囲103km四方の通信をカバーすることができます。

FAA approves AT&T drone in Puerto Rico for cellular service:Reuters

プエルトリコで飛行する「基地局ドローン」の動画

一般的なモバイル通信ネットワークの基地局はアンテナや中継装置などをビルの屋上や鉄塔の上に設置しますが、この「ドローン基地局」は地上から有線で給電され長時間飛行できるドローンにアンテナなどの装置を積み込み、対空させることで素早く通信網を展開できます。

AT&Tがプエルトリコに「基地局ドローン」を展開する様子は同社の公式YouTube動画で視聴可能です。

AT&T's First Official Deployment of Cell On Wings In Puerto Rico

〜 おすすめ記事 〜

「基地局ドローン」のベースとなった機体

「基地局ドローン」はかなりカスタマイズされた機体ですが、そのベースとなっているのはPulse社の『Vapor 55』というドローン。一般的にイメージする4機のローターを備えた『Phantom』のような姿ではなく、ヘリコプター型の機体です。

実際に飛行している様子は以下の動画でご覧いただけます。

Pulse Vapor-Let's Fly

日本の状況

日本においても大手3キャリアは既に「ドローン基地局」の実証実験を行なっており、被災地などでの展開を想定し準備が進められていいます。

 » 災害等を想定した「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化に成功:NTTドコモ
 » 「ドローン基地局」の開発について:KDDI株式会社
 » 国内初、ドローンを活用した無線中継システムの屋外での実証実験について:ソフトバンク株式会社

広範囲に通信を提供するためには「高さ」のある場所にアンテナなどの装置を置く必要があるため、そのためのビルや鉄塔がダメージを受けると復旧に時間がかかってしまいます。一方でドローンはそのような設備なしに素早くアンテナなどの装置を高所に展開できるため、災害時の素早い通信の復旧に大きなアドバンテージを発揮します。


ドローンを基地局にするNTTドコモの実証実験


画像出典:NTTドコモ

「基地局ドローン」は、空撮や測量、物流だけにとどまらないドローンの活用法として、今後の発展に期待が膨らむ分野ですね。

『Osmo Pocket 』登場!


<Osmo Pocket>

3軸ジンバル登載、4K動画が撮れる小型手持ちカメラ!


» DJI Osmo Pockeを公式ストアでチェック!


DJI Osmo Pocket



<コチラも注目!>


» DJI Mavic 2シリーズをDJI公式ストアでチェック!



» Osmo Mobile 2をDJI公式ストアでチェック!


» Mavic AirをDJI公式ストアでチェック!


» Phantom 4 Pro V2をDJI公式ストアでチェック!


公式DJIストアをチェック!